タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね

ラピスブルーとSAKURAの2色で彩る14型モバイルノートPC「THIRDWAVE F-14TG」

マクリン

ガジェットブロガー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

どうも、ノマドワーカーのマクリンです。

ひと目に触れるノートPCだからこそ、デザイン性にもこだわりたいところ。

外観・性能・使い勝手ともに、ちょうど良いところにおさまるドスパラの14型モバイルノートPCが「THIRDWAVE F-14TG」です。

<ご提供品>
本記事はメーカー様から商品を提供いただき作成しています。

良い意味でドスパラらしからぬ洗練されたノートPCで、ラピスブルーSAKURAという、2つの魅力的なカラーをとりそろえています。

スペックは第11世代のCore i5にIris Xeグラフィックス、16GBメモリ、ストレージはブルーが256GB、SAKURAが512GBのSSD(PCIe)を採用しています。

動画編集や3Dゲームにガンガン使えるモデルじゃないですが、オフィスやエンタメ用途なら余裕をもって使えます。

価格はラピスブルーが10万円切りの99,980円、SAKURAが104,980円です。

いずれもアルミニウム素材にアルマイト加工があしらわれ、上質に仕上がっています。

3方向からのヘアライン加工「トリニティ・ストライプ」も施され、光の当たる角度によって外観の表情が変わります。

180度まで開いて使えるフルオープンヒンジを採用し、同僚に画面を共有したいときにも重宝します。

重量は約1.5kgで、14型のワイド液晶を搭載していることをふまえると、けっこう軽めに仕上がっています。

ディスプレイのサイズは14型ワイドで解像度はフルHDです。

表面は非光沢のノングレアで、映り込みは抑えられています。

キーボードはテンキーレスの日本語配列で、キー配列もとくに違和感なくて使いやすいです。

左上には指紋認証リーダーをそなえ、Windowsに安全かつクイックにログインできます。

ポート類はけっこう豊富で、なかでもPDと映像出力に対応するUSB-C(Thunderbolt 4)を2つもそなえ、拡張性はかなり高まるので重宝します。

CPUには第11世代のIntel Core i5-1135G7、GPUにはIris Xe Graphicsを搭載しています。

CPUの性能を測るCINEBENCH R20の結果は2,000近くあり、ビジネス用途なら充分なスコアです。

Iris Xe Graphicsは、Iris PlusグラフィックスやUHDグラフィックスを上回る性能であり、CPU内蔵型ではパワーがあるほうなので、ある程度の3Dの映像・データ処理は行なえます。

THIRDWAVE F-14TGは、日常使い・ビジネス用途として、本当にちょうどいいところを捉えたモバイルノートPCだと感じました。

ドスパラのノートPCは、これまでデザインが味気ない感じもありましたが、本機種はそんなこと全くなく、スタイリッシュで所有欲を満たすモデルに仕上がっています。

価格も安くおさまり、家でもカフェでも使うモバイルノートPCをお探しなら有力候補にあげたいモデルです。

シェア

いいね

コンテンツへの感想