タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【京都市右京区】かわいいクマの和菓子に一目惚れ!ほんのり塩味モナカをスポーツの祭典のお供に(限定品)

Mami

トラベルフォトライター/世界遺産めぐり(京都市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

京都・御室の住宅街に佇む「御室和菓子いと達」

世界遺産「仁和寺」から歩いて約5分。小さな看板が目にとまり、その先へと進んでみると、閑静な住宅街に佇む和菓子屋「御室和菓子いと達」に辿り着いたので、早速お邪魔してみました。

店前に設えられた小さなお庭を通り、真っ白な暖簾をくぐると、和の外観とはガラリと変わり、洋菓子店のような雑貨店のような、白とブルーを基調としたオシャレな内装でした。

この御室の地の人々に愛されるような店づくりを目指してきたというご主人。オープンして約1年半が経ち、今では地元の方々はもちろん、観光客や修学旅行生も立ち寄ってくれるようになったとのこと。

可愛いリボンをつけた若あゆや、襲色目が美しい包み餅など
可愛いリボンをつけた若あゆや、襲色目が美しい包み餅など

「修学旅行中の中高生が和菓子屋に?」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、その理由は商品棚を見て納得。古典的ではなく、どこか可愛らしく愛嬌のある和菓子なんです。若者にも親しんでもらえるよう、和菓子の「入口」となるようなお菓子づくりに励んでいるとのこと。

そんな中で一目惚れしたのが、この愛らしいクマの「いと達のもなか」(1個300円)です。今の世の中が反映されたデザインで、ソーシャルディスタンスバージョン(ピンクとブルー)とオリンピックバージョン(ブルーのみ)があります。

最中の表面に飾られたマスクや蝶ネクタイは「すり蜜」と呼ばれる技法でつくられています。すり蜜とは、卵白を使わない、アイシングに似た和菓子の技法だそう。蝶ネクタイのブルーやピンクは色鮮やかで、アクセントカラーとして効いています。ちなみにこの鮮やかな色味は奥様からの提案によるもので、ご主人の技術力と奥様のアドバイスから生まれた一品です。

どこから食べるか迷っちゃうほどかわいい「いと達のもなか」は、一休寺納豆がもつ塩味が味のポイント

早速テイクアウトして、おやつタイムに。小包装を開けると、香ばしい最中の香りがふわっと広がります。

1体ずつ食器に並べてみると、「やっぱり可愛い」の一言に尽きます。手作りゆえ、それぞれ表情も少しずつ異なるので、日の丸をつけたクマごろうにしようか、マスク姿のクマ子さんにしようか、と迷ってしまいます。

ちょっと失礼して目があったこの子の中を見てみると、コロンとした大粒の餡子が詰められています。最中に多い粒餡タイプではなく、こし餡に、黒糖と一休寺納豆が忍んでいます。ちなみに一休寺納豆とは、とんちやアニメでも有名な、あの一休さんが教え伝えたものなので、若い方にも興味を持ってもらいやすいのではないでしょうか。

好きなドリンクも用意して、「キュートなお顔をごめんね」と思いながら香ばしい最中の皮をサクッと一口かじると、黒糖の甘さの後に、一休寺納豆がもつ醤油のような味噌のような独特な風味と塩味がふわっと感じられて、美味しい。すり蜜の部分はカリカリっとした食感が楽しめました。

味・デザインは季節によって変わり、現在のバージョンの販売は2021年9月4日までです。再び始まる世界的なスポーツの祭典の観戦のお供にもピッタリ。いと達のInstagramも素敵なので、ぜひチェックしてみてください。

店舗情報

店名:御室和菓子いと達
住所:京都市右京区龍安寺塔ノ下町5-17
電話番号:075-203-6243
営業時間:10:00~17:00
定休日:水曜・日曜(祝日問わず)
いと達の公式ホームページ

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。