タイトル画像

【京都市右京区】飲むわらび餅、もう飲んだ?新感覚の抹茶ドリンク(太秦)

Mami

トラベルフォトライター/世界遺産めぐり(京都市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

嵐電「帷子ノ辻駅」近くにある日本茶と和菓子が楽しめる「茶菓えん寿」

嵐電「帷子ノ辻駅」より、大映通り商店街を歩くこと約4分。美味しい和菓子と日本茶をいただけるカフェ「茶菓えん寿」があります。

もし普段からお取り寄せが好きな方なら、ご存知かもしれません。なぜなら、えん寿のフルーツ大福は「お取り寄せ大賞2020 総合ランキング第3位」に輝いたほどの人気商品だからです。

しかし当日は、まだまだ蒸し暑い日が続く今の季節にピッタリな「飲むわらび餅」を注文。「わらび餅を飲むって、どんな感じだろう?」店先のキラキラ看板がわくわく感を高めてくれます。

新感覚!本わらび粉を使用した「飲むわらび餅」

飲むわらび餅の味は5種類(抹茶・ほうじ茶・いちご・キャラメル・マンゴー)あります。どの味も美味しそうですが、茶菓とあるように、日本茶と和菓子が得意なお店なので、両方が楽しめるよう抹茶味(1杯500円)を選択。

日本茶の名産地である、京都・和束町のお抹茶が使われており、緑色も美しい。早速一口いただくと、抹茶シロップとミルクのバランスが、苦すぎず、甘すぎず、ゴクゴクといただけてしまう美味しさ。ご主人がスタッフの方と一緒に、何度も何度も、飽きるほどに飲み比べしながら辿り着いたベストバランスです。

わらび餅はというと、本わらび粉と黒糖で炊き上げられているので、ほんのり茶色。タピオカドリンクをヒントに開発されたと伺ったので、わらび餅も弾力性がある固めなのかと思っていたら、むにむに柔らかく、喉越しなめらか。太めのストローで飲みやすく、難なく最後まで美味しくいただけました。

飲むわらび餅は、テイクアウト、イートイン、どちらも可能です。また通販で購入もできます(抹茶味3・ほうじ茶味2のセットで2,980円)。

デパート等の催事に出店されることも多いので、最新情報はえん寿のInstagramをチェックしてみてください。

店舗情報

店名:茶菓えん寿
住所:京都市右京区太秦多藪町14-93 chien viverrin1階
電話番号:075-432-7564
営業時間:10:00~17:00
定休日:毎週水曜日、第3日曜日
えん寿の公式ホームページ

シェア

いいね

コンテンツへの感想