タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【宝塚市】韓国チキンって唐揚げとは違うの?宝塚市初の韓国チキン専門店「14(シプサ)」に行ってみた!

まんぢう

地域ニュースサイト号外NETライター(宝塚市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

宝塚市では初めての「韓国チキン専門店」が小林にオープンしています。

名前は「14(シプサ)」。

ランチ時に、イートインで利用しました。

チキンは、注文を受けてから揚げるので20分ほどかかるということで、その間、キンパをいただきながら待つことにしました。

韓国チキンも、キンパも初めていただきます。

キンパと言えば、巻きずしのような見た目ですが、元は日本由来の料理だそうで、「ノリマキ」とも呼ばれていたそうです。

そりゃ似ているわけだ。

でも酢飯ではないので、おにぎりを食べている感覚に近いです。

やさいキンパの具材は、たまご、にんじん、ほうれん草、たくあんで、キンパとしては定番の具材のようです。

お待ちかねのチキンです。

肉は大きく熱々ジューシーで、衣はサックサクです。

味はオリジナルを選びましたが、唐揚げのように下味をしっかりつけるのではないようで、肉を味わうといった印象です。

そうなると、ハニーコンボやヤンニョムなど、味が付くとどうなるのか、そちらもまた楽しみです。

キンパとチキンで食事としてはちょうど良いボリュームですが、他のナムルやキムチなどのサイドメニューもメニューが豊富なので、「せんべろ」メニューも気になります。

店内でいただいている間にも、テイクアウトのお客様がよくいらしていました。

キンパもチキンも、持ち運びやすいからテイクアウトにはちょうど良いですね。

韓国チキン専門店14(シプサ)
昼11:00~LO.14:00/夜16:30~LO.19:30
兵庫県宝塚市小林5丁目5-36

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想