タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【宝塚市】震災再開発ビル「ピピアめふ」にて、「今日からはじめる防災展」開催中

まんぢう

地域ニュースサイト号外NETライター(宝塚市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

阪急売布神社駅周辺は、阪神淡路大震災の被害が大きかったエリアで、震災復興市街地再開発事業として建てられたのが、宝塚市公益施設「ピピアめふ」です。

そのピピアめふでは毎年、阪神淡路大震災の起こった1月17日ごろに、防災イベントを開催しています。

2022年も、『「見て、知って、考える」今日からはじめる防災展』が開催されており、1月31日(月)まで、防災グッズと非常食の紹介、震災の被害状況や復興の様子がわかる写真が展示されています。

5階シネ・ピピア前では、メモリアルギャラリーとして、市域の震災被害地域のビフォーアフターを、写真と地図で見比べることが出来ます。

例年のメモリアルギャラリーは、ピピアめふのある売布神社駅地区の写真が多いのですが、今年は少し趣向を変えているようです。

4階では、メモリアルギャラリーの続きと、防災グッズと非常食の紹介コーナーがあります。

燃料電池などの新エネルギーについて、エコカーという角度から考えることのできる展示もあります。

最近よく耳にするようになった段ボールベッドも設置してありますので、寝心地をぜひ体験してみてください。

展示はすべてフリースペースにあるので、ピピアめふの開館時間は自由に見ることが出来ます。

ピピアめふ 宝塚市公益施設
宝塚市売布2-5-1
施設利用時間 9:00~22:00
受付時間 9:00~20:00

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想