タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【宝塚市】書道家・青柳美扇さんが書を担当した「宝の横断幕」が完成し、市内二か所で展示されています

まんぢう

地域ニュースサイト号外NETライター(宝塚市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

宝塚市ゆかりの書道家・青柳美扇さんと、宝塚市近郊にお住いの方々総勢593名が参加し、「間接的書道パフォーマンス」として共同制作した「宝の横断幕」が完成し、2022年3月14日(月)までの予定で、ソリオ宝塚メインプラザに展示されています。

作品は、「宝塚のまち」をイメージしたデザインになっています。

ここはフリースペースなので、いつでもこの横断幕を見ることが出来ます。

この企画は、日本の伝統芸能である書道を絡めて、新型コロナを乗り切る希望のシンボルとなるような作品を皆で作るという意味を込め、「takarazuka hopegraphy」と名付け、実施されました。

また、この「宝の横断幕」は、2022年2月8日(火)まで、宝塚市立文化芸術センターキューブホールでも展示されています。

イラストの制作には、幼稚園や小学校の園児・児童と、高齢者施設に通う方々が担当しましたが、こちらの会場では、その様子が写真付きでパネルで紹介されています。

個人的には、小学生が担当した街並みの、一軒一軒の建物が、夢のあるものだったり、リアルだったりするのが見ていて楽しかったです。

ぜひ、宝塚のまちを飛翔するフェニックスの姿をご覧ください。

ソリオ宝塚(メインプラザ)
兵庫県宝塚市栄町2-1-1

宝塚市立文化芸術センター(キューブホール)
兵庫県宝塚市武庫川町7-64
10:00~18:00 水曜定休

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想