タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【宝塚市】中国道がリニューアル工事中の宝塚IC付近では、周辺道路も長年にわたり工事が行われています

まんぢう

地域ニュースサイト号外NETライター(宝塚市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

中国道リニューアルプロジェクトということで、宝塚IC―中国池田IC間は2024年上半期まで終日車線規制を行うなど、大規模な工事が行われています。

一方、宝塚ICの出入口のある、県道42号・尼崎宝塚線(尼宝線)でも、何年も前から道路工事が行われています。

兵庫県のホームページによると、この事業は2006年から始まっているんだそうです。

たまに通ると、通るたびに風景が変わり、驚かされます。

この事業は、尼宝線の4車線化と、インターチェンジの立体交差化によって渋滞の解消を図り、更にはこの付近の無電柱化を促進し防災機能を強化する、という大掛かりなものです。

2022年1月現在、ランプ橋が建設中です。

このランプ橋は、ONランプということで、中国自動車道へ入る道となるそうです。

立体交差化イメージ図が、NEXCO西日本のホームページでわかりやすく載っています。

ランプ橋工事は、2023年3月末までの予定ですが、下道も整えることを考えると、工事全体はもっと時間がかかるかもしれませんね。

以上、尼宝線の、宝塚IC出入り口付近の工事の様子でした。

尼崎宝塚線(市福祉センター前交差点~小浜南交差点)
住所:宝塚市安倉西1丁目

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想