タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【宝塚市】「松井桂三展」が市立文化芸術センターにて開催中。知っているデザインを見つけられるかも

まんぢう

地域ニュースサイト号外NETライター(宝塚市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

2022年4月14日(木)から松井桂三展|化学反応実験|Made in Takarazuka vol.3が始まっています。

会場は宝塚市立文化芸術センターですが、こちらのロゴマークを作ったのが松井桂三氏です。

メインギャラリーの入口のからもう世界観に引き込まれます。

展示は主に、テーブルの上の年表と、それに沿ってその当時の作品が展示されているという構成です。

展示の多くがポスター作品です。

ポスターといえば、いつ、どこで、何をするなどの文字情報がいろいろ入っているものに見慣れていますが、ここにあるポスター類は文字情報は最小限で、もはやそれ自体がアートのようです。

展示作品が多くて、本当にたくさんの仕事をされてきたのがわかります。

その上、知っている、見たことある、というものも見つけられます。

ビゴの店のイラストなんて、宝塚市付近にお住まいの方なら一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

作品が年表に沿って見られるので、年月が経つごとに、立体作品などが増えていき、年代ごとの作品の移り変わり、表現の広がりが分かるようになっています。

そして最近の作品としては、市立文化芸術センターのロゴと開館記念展ビジュアルが紹介されています。

その開館記念展で展示されていた作品も見ることができます。

またギャラリーショップでは、イラストがプリントされたTシャツなどのグッズも販売されています。

そんな、総集編を見るような贅沢な「松井桂三展」は、2022年5月14日(土)までの開催です。

〇松井桂三展|化学反応実験 |Made in Takarazuka vol.3
期 間 2022年4月14日~5月14日
     10:00~18:00(入場は17:30まで)
会 場 宝塚市立文化芸術センター2階メインギャラリー
観覧料 一般(高校生以上)800円
     ※中学生以下無料
     ※障がい者手帳提示でご本人様、付添の方1名まで無料

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想