タイトル画像

川崎市中原区 ブーランジェリーボヌール チョコ好きの人におすすめしたい[元住吉駅]

まおきち

エンジニア兼地域クリエイター(川崎市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

元住吉駅前の元気な商店街”ブレーメン通り商店街”

東横線元住吉駅の駅前から続いている、元気な商店街の代表選手”ブレーメン通り商店街”にあるお店紹介です。商店街に来たときにフラッと立ち寄りたくなるパン屋さん”ブーランジェリーボヌール元住吉店”を紹介します。

お店のこだわりポイント

入口はシンプルなデザインですが、美味しそうなパンの香りです
入口はシンプルなデザインですが、美味しそうなパンの香りです

店構えはシンプルな店構えですが、実はパンに対して強いこだわりを持っているお店です。

パリパリ食感のための溶岩窯

パリパリ食感のクロワッサン
パリパリ食感のクロワッサン

パリパリ食感を出すために、溶岩窯を使っています。溶岩窯を使うとパンに素早く熱が伝わるため、水分を逃さずにパンを焼けるそうです。その結果、”中はもっちり、外はパリパリ”の食感を実現できています。実際、外はパリパリでした。

材料にもこだわっています

パンによって生地の風味が違います。美味しそうだったのでたくさん買っちゃいました。
パンによって生地の風味が違います。美味しそうだったのでたくさん買っちゃいました。

こだわっているのは窯だけではありません。材料にもこだわっています。パンに合わせて最適な小麦粉を選んでいます。そのため、パンの種類によって風味が変わっています。

チョコ好きの人であれば、チョコパンがおすすめ

色々なパンを買って食べましたが、一番美味しかったのはチョコパン(チョコレートパン)でした。定番過ぎて恐縮ですが、他のパン屋にはない感じのチョコパンだったんです。

皮に隠れたチョコの隠しきれない主張

パンの皮で隠れているつもりでもチョコの主張は隠しきれません
パンの皮で隠れているつもりでもチョコの主張は隠しきれません

食べられる直前のチョコパンです。一応、チョコはパンの皮の内側に収まっています。でも、薄皮なのでチョコの姿がうっすらと見えていて、しっかりとその姿を捉えることができるほどです。
”ゴマのパンだったけ?”と、一瞬勘違いするほど、漆黒のチョコレートが主張しています。チョコ好きの人にとっては、食べる前からワクワク感がたまらないです。

では、食べちゃいましょう

見ているだけではお腹が減って辛いだけなので、食べちゃいましょう。

外はパリっと。中はチョコ感満載

中にはぎっしりとチョコが詰まっていました
中にはぎっしりとチョコが詰まっていました

食べると、まずは薄皮のパリ感を感じます。チョコがない部分はしっかりとしたパリ感を感じ、食感も楽しむことができます。そして、そのままかじっていくと、すぐに中の濃厚なチョコを感じます。

食べ応えのある濃厚なチョコが詰まっていました

中には想像以上のチョコが詰まっていました。しかも、食べ応えがあります。チョコパンと言えば、

  1. チョコクリームが入っているチョコパン
  2. 板チョコが入っているチョコパン

などが一般的だと思います。好きなチョコパンは人それぞれだとは思いますが、ここのチョコパンを食べたら、

食べ応えのあるチョコが入っているチョコパン

が一番好きかもって思いました。

お腹が減ったら、Go To ”パン屋”

お腹が減っている時間にパンの記事を読むと、焼きたてパンの香りが漂ってくるような気がして、パンを食べたくてたまらなくなりますよね?そんな時は、
”Go To パン屋”
しちゃいましょう。
マスク着用、アルコール消毒などのコロナ感染防止対策を行なった上で入店して、美味しいパンを食べましょう!

まとめ

東急東横線/元住吉駅のブレーメン通り商店街にあるパン屋さんを紹介しました。外はパリパリ、中はしっとりとした食感のパンを楽しむことができるパン屋さんです。特にチョコレート好きの人に食べてもらいたいチョコパンがあります。漆黒のチョコが詰まったチョコパンです。食感と濃厚のチョコを楽しめるおすすめの一品です。

ブーランジェリーボヌール元住吉店の基本情報

・施設名 ブーランジェリーボヌール 元住吉店
・住所 神奈川県川崎市中原区木月3-17-12
・電話番号 044-789-8080
・営業時間 8:00-21:00
・定休日 年始など
・座席 店内に座席あり
・電車でのアクセス 東急東横線/元住吉駅
・公式サイト ブーランジェリーボヌール元住吉店のHP

シェア

いいね

コンテンツへの感想