タイトル画像

川崎駅に新しい商業施設”KAWASAKI DELTA” オープンな食事エリアが特徴 川崎市幸区

まおきち

エンジニア兼地域クリエイター(川崎市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

※新型コロナウィルス感染拡大のため、東京都には緊急事態宣言が発出されており、神奈川県にはまん延防止等重点措置が適用されています。マスク着用、手指の消毒などの感染防止対策を行った上で入店しましょう。また、都県を越える移動は可能な限り避ける、などの配慮もお願いします。

2021年5月13日にJR/川崎駅西口に新しい商業施設が開業しました。名前は、

”KAWASAKI DELTA”(カワサキ デルタ)

です。衛星写真を見るとわかりますが、”三角状の土地(デルタ)に作られた”ということと、川崎の”崎”はデルタ地帯の”デルタ”を意味することから名付けられたようです。

商業施設と言っても、同じく川崎駅西口にあるラゾーナのようなショッピングモールではなく、飲食街・フィットネスクラブ・オフィス棟の集合体になっています。

開業当日は雨だったため、少し寂しい開業初日でしたが、飲食街の雰囲気はよく分かったのでこの記事で簡単に紹介します。各レストランについては、コロナ禍がもう少し収まった時期に紹介したいと思います。

正面入り口はよく分かりませんでしたが、川崎駅西口から一番近い入り口から入りました。恐らくここが正面入り口なのだと思われます。

川崎駅西口から一番近い2階から入りました
川崎駅西口から一番近い2階から入りました

入ってすぐに気付くのが”オープンなスペースが多い”、ということです。いくつかのレストランが集まっているエリアでは、店内で食事することもできますし、店外のオープンなスペースで食事することもできます。

コロナ禍ならではのオープンなスペースでの食事エリアの充実

この写真は通路のみですが、オープンなスペースで広々と食事できるエリアもあります。
この写真は通路のみですが、オープンなスペースで広々と食事できるエリアもあります。

コロナ禍での開業、ということで店内での食事だけではなくて、店外のオープンなスペースでも食事できるように配慮されたのかもしれません。この大変な時代にオープンした商業施設ならでは特徴かもしれません。

オープンなスペースではゆったりと過ごすことができます

しかし、このオープンなスペースによる効果はコロナ対策だけではありません。オープンなスペースのおかげでゆったりと過ごすことができそうです。外光が取込まれて明るい雰囲気でのランチは気分も良いので、気持ちよく食事することができます。ディナーも良いかもしれませんが、ランチもおすすめです。※新型コロナウィルス感染防止のため、各店の営業時間は通常とは異なっている場合があります。詳細は各店舗にお問い合わせください。

7店舗あり、1ジャンルにつき1店舗です。

各ジャンル1店舗ずつです。食べたいジャンルを決めたら選択肢は1択なので、悩まないで良いかもしれませんね?
各ジャンル1店舗ずつです。食べたいジャンルを決めたら選択肢は1択なので、悩まないで良いかもしれませんね?

肝心のカフェ&レストランは全部で7店舗あります。1ジャンルにつき1店舗となっていて、カフェ、カレー屋、イタリアン、韓国料理、天ぷら、ラーメン、海鮮屋が連なっています。どの店もおしゃれな外観とおしゃれな内装でした。食事はもちろん美味しそうですが、内装もおしゃれなので雰囲気も楽しめるレストランばかりでした。詳細については、コロナ禍がもう少し収まったところで紹介したいと思います。

まとめ

5月13日にJR川崎駅西口にオープンしたKAWASAKI DELTAを紹介しました。7店舗のレストランとフィットネスクラブがビルに入っています。レストラン街はオープンなスペースが多いのが特徴的です。感染防止対策を行なった上でぜひランチしたい場所です。

※新型コロナウィルス感染拡大の影響により、レストランの営業時間は通常とは異なる場合があります。

KAWASAKI DELTA
・住所 神奈川県川崎市幸区大宮町1−1
・営業時間 7:30〜23:30 ※営業時間は各店舗により異なる場合があります
・アクセス JR川崎駅西口から5分
・公式サイト JR東日本のKAWASAKI DELTA紹介サイト

シェア

いいね

コンテンツへの感想