タイトル画像

How to

  • いいね

トータルで優秀過ぎる!初心者に最適なソロテント

まるみ

キャンプYouTuber

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

前から気になっていたBUNDOK(バンドック)のソロティピーテントを家族が購入したので、使わせてもらいました!

一言でいうと「優秀!!」

なにが優秀かというと「軽い・安い・設営が早い」です。

そして前室の広さがキャンプで大活躍してくれました。

ソロには十分なサイズ
ソロには十分なサイズ

軽い

元々自分で購入も考えていたBUNDOKのソロティピーテント。

重さが2.2キロなのでバイクや徒歩でキャンプに行くときに良いなと思ってました。

山岳用に比べれば重いですが、前室の広さを考えるとこの重量は許容範囲だと思いました。

バンドックソロティピー収納時
バンドックソロティピー収納時

ちなみに収納時サイズはW42xD19xH19cmなのですごい小さいわけではないです。

安い

値段は2021年4月28日現在で12800円とお安めです。

ただ以前は8000円台の時もあったようなので人気だからか値上げされたようです。

設営が早い

初めてでざっくり張って5分半ほどで設営できました。

設営時間は5分半
設営時間は5分半

設営方法は簡単で4隅にペグを打って真ん中にポールを立てるだけです。

風が強い日はガイロープもペグダウンすることをおすすめします。

ガイロープも張ってしっかり設営しても10分以内で設営できます。

前室が広い

まずテントのサイズがW240xD240xH150cm

そのうち半分近くの大きさがあるインナーテントがW220xD100xH135cm

なのでテントの半分はほぼ前室として使えます。

ソロティピーは前室が広い
ソロティピーは前室が広い

ソロキャンプの荷物なら就寝時にすべて前室に入れる余裕があります。

突然の雨でも前室の中でゆっくり過ごすこともできます。

ちなみにフライシートの耐水圧は約3000mmあるので雨の中でも問題なく過ごせました

軽くて安くて設営が早くて前室が広いテントをお探しなら候補におすすめです!

BUNDOKのソロティピーテントのレビュー動画はこちら↓

シェア

いいね

コンテンツへの感想