タイトル画像

How to

  • いいね

強風に負けない!風が強い時のキャンプで快適に過ごす方法

まるみ

キャンプYouTuber

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

キャンプに行ったら強風で大変だったことありませんか?

私は過去に琵琶湖に行ったときに強風で大変な思いをしました。

その時にした強風対策や後から気づいた強風対策を書こうと思います。

天気予報で風速を確認する

キャンプに行く前に天気を確認しますよね!

併せて風速も確認しましょう。

あらかじめ強風と分かった時はペグとロープを多めに持っていくと良いです。

予約しているキャンプ場の場合は無理ですがキャンプ場が変更できる場合は、湖畔など風通りがいいところより林間サイトの方が風が通りにくいので風が弱い可能性があります。

テント設営時は向きに注意

キャンプ場に着いたら風向きを確認して風下にテントの入り口が来るようにしましょう。

風上に入り口を持ってくるとテントの中に風が入り込みテントが飛ばされたり壊れたりするかもしれません。

以前のキャンプで風上にテントの横側を向けたら思ったより風に煽られて怖かったです。

打てるペグは全部打つ・張れるロープは全部張る

テント設営時に打てるペグは全部打って張れるロープは全部張りましょう。

風がない時はサボりがちなガイロープも強風の時は張るとテントがしっかり固定されます。

強風に煽られてペグが抜けることもあるので設営後も定期的にペグが抜けてないかしっかり確認しましょう。

ペグはできるだけ長い頑丈なものをおすすめします。

私的におすすめは鍛造ペグです。

焚火は無理にしない

キャンプの醍醐味の焚火も強風の時は諦めるのも大切です。

軽い焚火台だと強風で飛ばされることもあります。

(ピコグリルモドキは飛ばされた経験あり)

飛んだ焚火や火の粉が自分や他の人のテントに当たったら穴が開くかもしれません。

そのため安全やテントを守るためにも無理に焚火をするのはやめましょう。

まとめ

強風の時は設営の時点からテントが飛ばされないように風向きを考えてしっかりペグを打ちましょう。

たまには焚火の無いキャンプでまったりと時間を過ごすことも良いと思います!

強風で大変だけど引きこもって楽しかったキャンプはこちら↓

シェア

いいね

コンテンツへの感想