タイトル画像

How to

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

雨でも余裕で楽しめる!簡単すぎる雨キャンプ対策

まるみ

キャンプYouTuber

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

最近週末に限って雨の日が多いですよね。

キャンプ行く日に限って雨だったり、いきなり天気が崩れてキャンプ中に雨が降り出したり…

雨キャンプでも快適に過ごせる簡単すぎる雨キャンプ対策を紹介します!

テントはドームテントがおすすめ

キャンプ場についてすでに雨が降ってる場合、できるだけ早く設営できるテントがおすすめです。

ドームテントかティピーテントが立てやすいですが、雨の日はドームテントをおすすめします。

ティピーテントの場合、床部分がないのでテントの下の隙間から雨が流れ込んできて地面がびしょ濡れになることも…(経験談j)

スカート付きのティピーテントなら多少防げますが、ドームテントのほうがインナーの耐水圧にもよりますが床部分から雨が流れ込んできることは圧倒的に少ないです。

ハイスタイルのテーブルとチェア

ロースタイルのテーブルとチェアだと降水量が多いと水没することもあります。

山でのキャンプだと降水量が少ないと予報されてても突然の豪雨になることもあるので、雨予報があるときはハイテーブルとハイチェアがおすすめです。

タープを張る

雨が降ると作業スペースがなくなるのでタープを張ったほうがいいでしょう。

テント内で火の取り扱いは危険なので、タープがあるとタープ下で調理等安心してできます。

ツールームテントや前室が広いテントなら雨でもタープなくても過ごしやすいです。ただし炭や焚火を扱う場合は風通しが悪いと危険なのでツールームテントではなく風通しの良いタープのほうがいいでしょう。

(タープ下の焚火は火の粉で穴が開く可能性があります)

大きなビニール袋を持っていく

雨キャンプはテントさえ張ってしまえば意外と快適ですが、雨の中の撤収はかなりめんどくさいです。

テントやタープが雨に濡れて泥だらけになったり…

本来は乾かして畳んで持ち帰るテントも濡れたまま持ち帰るので、テントが入れられる大きなビニール袋があると便利です。

足元はブーツ

雨で地面がぐちゃぐちゃなることもあるので前もって雨とわかってる場合はサンダルやスニーカーよりブーツのほうが染みることもなくストレスなく過ごせます。

雨キャンプで靴の中が染みてくると地味にストレスをずっと感じます。

まとめ

雨キャンプは焚火やアクティビティができなくてつまらないと思うかもしれませんが、暇つぶし道具さえあれば自然な雨音を聞きながらのんびりキャンプするのも楽しいですよ!

もしキャンプに行く日が雨ならしっかり対策をしてのんびり快適に過ごせるキャンプを楽しみましょう!

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。