タイトル画像

専門マスター

  • いいね

今、人気急上昇中!『軽キャンピングカー』って知ってますか?

まるなな

軽キャン女子YouTuber・ブロガー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こちらが軽キャンピングカーの車内です!

△軽キャンピングカー『テントむし』の車内
△軽キャンピングカー『テントむし』の車内

こんにちは。軽キャン女子のまるななです。

私は、軽キャンピングカー『テントむし』という車で北海道を旅し、各地でグルメや温泉・登山・キャンプの様子をYouTube『まるななちゃんネル』ブログ『まるななブログ』にて配信しています。

皆さんは『軽キャンピングカー』というものご存知でしょうか?

おそらく日常生活で目にする機会はほとんどないと思いますが、実はこの『軽キャンピングカー』が今生産が追いつかないくらい大人気なんです!

今までは『知る人ぞ知る』という存在だったのが、このコロナ禍でキャンプ・アウトドアブームにより注目され、最近はテレビや雑誌にも取り上げられるほどの人気ぶり。

今回は、知名度急上昇中の『軽キャンピングカー』をご紹介します。

軽キャンピングカーのベース車は?

△左キャブコン(軽トラックベース)・右バンコン(軽バンベース)
△左キャブコン(軽トラックベース)・右バンコン(軽バンベース)

軽キャンピングカーとは、軽自動車規格のキャンピングカーです。

軽キャンピングカーのベース車は大きく分けて2つあります。

  • 軽バンベース(バンコン)
  • 軽トラックベース(キャブコン)

バンコン→ワゴンの荷台部分を居住スペースに架装

キャブコン→トラックの荷台部分を架装したもの

今回は私、まるななが乗っている軽トラックベースである『キャブコン』についてお話しします。

軽キャンピングカーとは?

△軽キャンピングカーで雪中キャンプ
△軽キャンピングカーで雪中キャンプ

もちろんこの軽キャンピングカー。私が自作したものではありません(笑)

キャンピングカーを制作しているビルダーが、軽トラックをキャンピングカー仕様に改造し販売しています。

一般的には軽の黄色8ナンバーを取得し、キャンピングカーとして車検も通ります。

ベース車が軽トラックのため、車検・重量税・任意保険・高速道路等の維持費は軽自動車とほぼ変わりません。

車両にもよりますが、私の車は4名乗車も可能です。

車内はどうなっているの?

△軽キャンピングカーのシンク
△軽キャンピングカーのシンク

キャンピングカーですので、ベッド・テーブル・シンク・カセットコンロが設置されており衣食住が可能です。

狭いためトイレはありませんが、オプションにより室内灯や家電製品を使うためのサブバッテリー・発電するためのソーラーパネル・エンジンをかけなくても暖をとれるFFヒーターなども設置可能です。

軽自動車サイズですので、家族4人がゆったり過ごすことは難しいですが、1〜2人の車中泊旅やキャンプなどに最適なサイズです。

値段は?軽キャンピングカーの購入価格

△軽キャンピングカーは一人旅に最適
△軽キャンピングカーは一人旅に最適

新車で購入する場合、オプションをつけることが多いので一般的にはだいたい350万円から。

決して安くはないですが、新車の普通サイズのキャンピングカーよりも手の届きやすい価格です。

中古の場合は、年式や走行距離によりますが、約150万円から。

この可愛らしい見た目と、日本の道路事情にあったサイズのため人気になっています。

最近だと、お笑い芸人のよゐこの濱口さんがYouTubeで軽キャンピングカーを購入した事を報告し、さらに人気が加速中です。(濱口さんの購入した車両は軽トラックベースですが車輌サイズが大きいため普通車登録です。)

私、まるななも軽キャンピングカー『テントむし』についてYouTubeブログで北海道旅の様子を配信していますので、是非ご覧ください!

シェア

いいね

コンテンツへの感想