タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【ラーメン 横浜青葉区】佐野実氏の最後の弟子が作る味は、移転後も変わらず人気!らぁ麺すぎ本

マシャペイ

ラーメン動画クリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

らぁ麺すぎ本

2020年8月、横浜の青葉区にある青葉台という街に、ミシュランにも掲載された名店が都心から移転してきました。この時、都心から離れることでSNSでは「行きにくくなる!」などザワつきましたが、今も変わらず行列を作っている人気店です。

店主は「支那そばや」の佐野実氏の最後の弟子と言われており、独立後に数々の賞を受賞されています。その味は都心にあった頃から、さらにパワーアップしておりその後も常に進化を続けてこられいます。

店内はゆったりした雰囲気で、女性客も多くテーブル席もあって、幅広い層の方が来られています。食券は先買い制で、入り口に入るとすぐに券売機があります。また製麺室もありました。奥の方がカウンターとなっており、手前がテーブル。スタッフの方々がテキパキと動き、お客様を案内されており、流石だなって思いましたよ。

特製醤油らーめん

綺麗に盛り付けされたそのビジュアル、さらに一口目から繊細なタッチが伝わってきます。鶏油の浮かぶ綺麗な淡麗醤油スープ。丸鶏、鶏ガラ、豚骨、魚介節、煮干し等を合わせているとのこと。醤油がガツンと効いたタイプではなく、とても優しい出汁の旨味を存分に味わうことができました。繊細さと上品さを兼ね合わせたスープだと感じました

麺はなめらかな自家製ストレート麺、長めで茹で加減は柔らかめ、この柔らかさがスープとのバランスをとっていると思います。清湯系でもカタメ好みの方が多いのですが、そのスープの特徴に合わせた麺となっていると思います。カタメの麺の場合、醤油が結構主張しているラーメンが多い気がします。

注文した特製醤油らーめんは、麺が見えないほど沢山の具が乗っています。豚肩ロースチャーシュー、赤い縁のチャーシュー、低温調理された鶏ムネチャーシュー、名古屋コーチンの味付け玉子、わんたんなど。豚肩ロースは脂身多めで、柔らかく味がしっかりしていました。鶏ムネも柔らかく味がしっかりしていて、美味しかったです。

今回はYou Tubeの動画は割愛させていただきますね。
フォロー&いいねしてくださったら、感謝感謝です♪

店舗情報
らぁ麺すぎ本

横浜市青葉区桜台26-1 第3アサキビル 1F(お店の地図)

営業時間
水~日
11:30~15:00
18:00~21:00

定休日
月曜日
火曜日

Twitter
食べログ
ラーメンデーターベース

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想