How to

女子高生のお母さんが作る「色々使える鶏つくね」の「のっけ弁」

舛田悠紀子

料理研究家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

いつもと同じおかずでも、盛り付けを変えると新鮮に。

ご飯の上におかずを乗せていくのっけ弁は
しきりなどはせず、順番にどんどん乗せていくだけなので
盛り付けも簡単で、見た目も新鮮、食べても楽しいお弁当です。

そして鶏つくねのタネは、鶏団子鍋やミートボール、メンチカツなど
たくさん作っておけば、アレンジも自在!

今回は鶏つくねののっけ弁を作ってみましょう!

作りやすい分量
・鶏モモひき肉  350g
・玉ねぎのみじん切り 4分の1玉分  ・卵 1個  
・パン粉 4分の1カップ  ・砕けるタイプのコンソメ 1個 
・酒 小さじ2
タレ
・醤油 みりん 各大さじ1

1.材料の全てを混ぜて良く捏ねておきます。
2.タネを弁当箱の大きさに合わせて、長めの俵型にまとめます。手に水をつけるとまとめやすいです。
3.フライパンに油少々を熱し、タネを並べ、こんがり焼き色がついたら裏がえし、水少々を入れて蓋をして弱火で5分焼きます。
4.蓋を取って醤油とみりんを入れ、とろみがつくまで弱火で煮詰めます。

それではお弁当箱に詰めていきましょう。
つくねは串を刺すと焼き鳥屋さん風で楽しいです。
今回は鶏つくねの他に、長ネギとシシトウをこんがりと焼いたもの、
味玉、ミョウガの甘酢漬け、柴漬けを用意しました。
ご飯はおかずの分、低めに全面に詰めます。
おかずをどんどんご飯にのせて、
最後につくねにタレとゴマで飾って完成です。

蓋を開けるときっと笑顔に」なるのっけ弁。
是非作ってみてくださいね!

…続きを読む