How to

保存版!お揚げの炊き方とオープンいなりで春のお弁当

舛田悠紀子

料理研究家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

ひな祭りや春のお弁当に、
華やかなおいなりさんはいかがですか?
いつものおいなりさんをオープンにすると
食べる時はもちろん、作る時もとっても楽しくなっちゃいます。

こんな時こそ、お母さんが作るご馳走や可愛いお弁当で
気分を上げていきたいですよね。

今回は、常備菜と身近な食材を乗せていくだけの「オープンいなり」をご紹介します。

作りやすい分量

・油揚げ 5枚
 煮汁 ・出汁1カップ ・醤油大さじ3  ・砂糖大さじ3
1.油揚げは麺棒や丸い菜箸などで軽く転がし(こうすると開きやすくなります。)半分に切り、開いて袋状にします。
2.鍋に湯を沸かし、油揚げを入れ、落とし蓋をして2〜3分油抜きします。(しっかりと油抜きすることで、後で味がしみやすくなります。)
3.煮汁を煮立て、油抜きした油揚げを並べ落とし蓋をして10分ほど弱火で煮て火を止め、そのまま冷まします。
4.酢飯適量を軽く握ってから油揚げに詰め、端を中に折り込みます。

基本の酢飯の作り方は
 https://creators.yahoo.co.jp/masudayukiko/0300048893
を参考にしてくださいね。

オープンいなりのトッピングはお好みで♪

今回は彩りを考えて炒り卵と桜でんぶ、
刻んだ梅干しとしらすの組み合わせ。
最後に飾り切りのニンジンと菜の花のおひたしを飾りました。

他にはひじき煮や鶏そぼろ、紅生姜、さやから出した枝豆
など、常備菜や出来合いのもので簡単に楽しく作りましょう。

BGM:Juniper_by_LowLight_Artlist

…続きを読む