How to

爽やかな香りで気分も上がる♪チキンのレモン照り焼きとサツマイモの甘煮レモン風味 お弁当にも♪

舛田悠紀子

料理研究家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

お菓子にお酒にお料理に。
その爽やかな香りと酸味がたまらなく大好きなレモン。
今時期は国産レモンも出回っているので
見かけるとつい買ってきてしまいます。
レモンの香りにはリフレッシュ効果や
沈みがちな気持ちを明るくしてくれる効果もあるそう。
今こそ使いたい食材ですよね。

今回はレモンを使った、我が家でも大人気の二品をご紹介します。
冷めても美味しいのでお弁当にもぴったりなレシピです。

チキンのレモン照り焼き
(作りやすい分量)
・鶏肉 1枚 ブライン液(水1カップ 塩、砂糖 各10g)
・スナップエンドウ 適量  ・飾り用レモン
・タレ(レモンの絞り汁1/2個分 
      うす口醤油(なければ濃口醤油)大さじ1
      みりん大さじ1 砂糖小さじ2)合わせておきます 
1.鶏肉は余分な脂肪を取り除き、ジッパー付き袋に水と砂糖、塩、鶏肉を入れ30分〜1時間漬けておきます。
(ブライニング)
*ブライニングをすることで、鶏肉にほんのり味も付き、柔らかくジューシ
ーに仕上がります。ムネ肉も同様です。
2.鶏肉の水気を拭いて一口大に切り、フライパンで皮目から焼きます。
3.こんがり焼き色がつきたらひっくり返し、スナップエンドウも加え、蓋をして弱火で5分焼きます。
4.蓋を取ってタレを回し掛け煮詰めながら絡めます。仕上げにスライスしたレモンを飾ります。

サツマイモの甘煮 レモン風味
(作りやすい分量)
サツマイモ 1本
水 1カップ 砂糖1/2カップ レモンの絞り汁 1/2個分

1.サツマイモは1cmの輪切りにして水洗いし、鍋に入れてたっぷりの水(分量外)を加え、一度茹でこぼします。
*「茹でこぼす」とは、材料を水と一緒に茹で、ザルなどに材料をあげてゆで汁を捨てること。
ゆで時間は素材によって違いますが、今回は沸騰してから火を弱めて3〜4分です。
茹でこぼすことで、アクも抜け、上品でスッキリとした味わいになります。

2.鍋に水と砂糖を入れて火にかけ、オーブンシートなどを落としぶたにして、柔らかくなるまで弱火で煮る。
3.仕上げにレモンの絞り汁を回し掛ける。

*私がいつも愛用している野田琺瑯のバットはキャビネというサイズ。
料理の下ごしらえの他、お菓子の型にしたりと、
とっても使い易いサイズです。白くて可愛い上、ホーローはオーブンや直火にもかけられます。
複数枚持っているとフライ作りにもとっても便利。おすすめです。

【参考情報/Yahoo!ショッピング】
https://shopping.yahoo.co.jp/products/z4gq9mjhbl?sc_i=shp_sp_search_itemlist_shsrg_products

ぜひ作ってみてくださいね♪

BGM:AWholeandHumbleHeart_by_Campagna_Artlist

…続きを読む

How toの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る