おもしろ/ネタ

全ては一瞬の輝きのために!実用性を捨てたロマンあふれるカレー皿、ダムカレー!【雑貨コマ撮りレビュー】

まつだ55/matsuda55

ミニチュアストップモーションクリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは!
変な食器シリーズNo2、カレーライスをダムに見立てるお皿です。
食す直前、お米の大地に潤いを与える“放カレー”は食卓の一大イベントとなるでしょう!

このカレー皿、全く実用的ではありません(笑)
普通のカレーでは上手く流れ出してくれない事もありますし、スープカリーでは放カレーの前に漏れてしまいます。
そして、ギミックを楽しめるのはほんの一瞬。いざカレーを食べ始めると、ダムはただただ邪魔なだけの存在に成り下がってしまいます(^^;
ダムに詰まったカレーは食べにくいですし、洗いにくいですし・・・。
しかし、その様な受難を差し置いてもなお、あまりある魅力がこのカレー皿にはあります!

さて、全然話は変わりますが、皆さんは眠れない時に何をしていますでしょうか?
以前、私は動画サイトを見ていました。
心地よいテンポでまとめられた動画を見ていると、いつの間にか眠りに落ちていたものです。
しかし、最近ではそれができなってしまいました。
私自身が動画を制作するようになり、全く別ジャンルの動画でも見ていると焦燥感を覚えてしまうのです。
もちろん、今でも動画サイトを見るのは大好きですが、寝る前には見れなくなってしまいました(^^;
そこで最近は本を読むようにしています。特に、古い哲学書なんかを読んでいると、すぐに深い眠りに落ちることができます。

ベルクソンというフランスの哲学者の本がとても面白かったので、かいつまんで説明させてください。
彼が述べているのは“時間”についてです。
私たち現代人が認識している、時計やカレンダーで管理できる時間を“ニュートン時間”と言うそうです。万人が共通して持つ絶対的な時間のことです。
一方、ベルクソンが大切だと唱える時間の概念は違います。
ベルクソン時間と呼ばれるそれでは、人はそれぞれ違う時間の流れで生きていると考えます。
誰かにとっての一日は、他人にとっての一年分の時間が流れているかもしれない。
そもそも違う時間の流れを生きている私たちが、同じ絶対時間を生きようとしているから摩擦が生じると・・・。
そして、ベルクソンは次のように続けます。
本当に喜びを感じている時、過去も未来も全てが“今”の一瞬に集中する。その瞬間こそが、現代人が思い出さなくてはいけない物だと。

さて、私たちが忘れている、全てが集約する“今”を思い出させてくれるアイテムがあります!
ダムカレー皿です!
放カレーに失敗した過去や、洗うのが面倒な未来のことなんてどうでもいいのです。
全ては“今”、カレーを流しだすために・・・。

余談ですが
若い頃に、お酒を飲んで眠って起きたら、数か月の月日が流れていてビックリした事があります。
その時 私は、私だけで生きていたのでしょう・・・。

…続きを読む

関連タグ