タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【海士町】港のそばの食堂「きくらげちゃかぽん」の優しい定食

松田マサヒロ

離島移住ライター/島のふるさと納税担当(隠岐郡・出雲市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

島根県沖60kmに浮かぶ隠岐諸島。

その中のひとつ「海士町(あまちょう)」。

島の玄関口の菱浦港から徒歩1分の場所に、「きくらげちゃかぽん」という名前の小さな食堂があります。

かわいい看板が目印です。

きくらげちゃかぽん、少し不思議な名前ですよね。

海士町の民謡「キンニャモニャ音頭」の中の一節から名前がきているみたいです。

「みんなおいで〜」という意味が込められていて、島民からは、「ちゃかぽん」と呼ばれ親しまれています。

中に入ると、広くはないですが、飾らず素朴でかわいい店内♪

手作りのアクセサリーも置いてあります。

このお店が島民に人気なのは、店主の温かなこだわりがあるからです。

食べる人の顔が見える「家庭料理」のように、お客さんのことを想い、使う食材や使わない食材等、たくさんこだわっています♪

本日のメニューはこちら

そして注文したのは、豚の甘酢焼き♪

税込1,000円です。

お米は、白米か玄米か選ぶことができ、私は玄米を注文しました。

なかなか調理が難しい玄米。しかしちゃかぽんの玄米はふっくらもちもちで美味しいんです。

豚の甘酢焼きも外はパリパリで、食べるとジューシー。食感も味も大満足の一品でした♪

付け合わせのお野菜も、素材の味を生かした美味しい味付けでした♪

またお昼に立ち寄りたいお店です♪

海士町でランチをお探しの方も是非行ってみてくださいね。

きくらげちゃかぽん MOTEKOIYO

住所:〒684-0404 島根県隠岐郡海士町福井1365番地1

港から徒歩1分、橋に向かって歩いてすぐそば

営業日:金曜〜火曜

時間:11;30〜13;30、17;30〜21;30

※営業時間は変更される可能性があります。

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想