トレンド/カルチャー

子供に戻れる展示会!「2019年全日本模型ホビーショー」速報ダイジェスト

松本敦

Groovoostコンテンツプロデューサー/GoProオフィシャルファミリーメンバー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

2019年9月28日と29日に開催される「第59回全日本模型ホビーショー」の前日イベントに参加させていただきました。
イベントタイトルにあるようにプラモデルを中心としながらラジコンやエアガンや鉄道模型など、子供の頃に夢中になったアイテムが会場いっぱいに展示される夢のようなイベントでした。個人的に特に心ときめいたのは以下の3点でした。

1、TAMIYA「CC-02」
高級外車「ベンツG500」のボディを搭載した新型シャーシで、実写をベースとした構造の走りはかなりアクティブです。実際の高級車だったら絶対にできないデコボコ道の走行や、ジャンプもできてしまうところがラジコンの醍醐味です。

2、KYOSHO 「MINI-z AWD」
手の平サイズにも関わらず、華麗なドリフトを決めることができます。デモンストレーションのドライバーの方の操縦が上手だったというのもありますが、その華麗な走行はずっと見ていられるほどでした。

3、なぜか癒される「ミニチュア」の景色
鉄道模型を中心としたミニチュアの世界。普段見慣れているはずの景色もミニチュアになった瞬間に引き込まれてしまうのは一体なぜなんでしょう、、、そして今回のイベントではわずか21歳でありながら多方面で才能を発揮しているアーティスト「MOZU」さんの展示を生で見ることができます。どう見ても本物にしか見えないミニチュアを是非生の目で見ていただきたいと思います。

今週の土日となりますが、是非多くの方に足を運んで童心に帰ってリフレッシュしていただければと思います!

全日本模型ホビーショー:https://hobbyshow.co.jp/

…続きを読む