How to

  • いいね

ツナと切干大根と野菜の和え物 さっぱり!ヘルシー!しゃきしゃき食感にやみつき★毎日でも食べたい一品

松村和夏

料理研究家・管理栄養士

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

これまで数々の場面で高評価をいただいた和え物です。

切り干し大根は煮ると軟らかくなりますが水に戻して絞ったものを和え物に加えると食感が良く、また切り干し大根の独特の味がほのかに感じられます。あとは何と言っても手軽さが最高!あと一品、というときの副菜に重宝しますよ。
キャベツはしゃきしゃきした食感があり、ツナはコクをもたらすため、この2つのアイテムは必須で使用しますが、それ以外はお家にあるもので美味しくできます。
油揚げを短冊切りにして入れるのも良し、ワカメなどの海藻もよく合います。
オリジナルでお気に入りの和え物を完成させてくださいね。
味付けも塩分(塩、しょうゆの量)や酸味(酢の量)など、味見をしながらお好みで調整してください。

【材料】

キャベツ  150g(約1/8個)
塩     小さじ1/4
切干大根  15g
えのき   50g(1/2袋)
青梗菜(または小松菜)   1/2株〜1株
ツナ缶(オイル漬けでもノンオイルでもよい)50g
ごま油   小さじ2
みりん   小さじ1
しょうゆ  小さじ1
酢     小さじ1
いりごま  小さじ1/2
こしょう  少々

【作り方】
①切干大根は水に10分ほど入れて戻し、しっかりと絞る。
 キャベツは千切りにし、塩を振りまぜて数分おき、しっかりと絞る。

②えのきは石づきを取り除き、長さ半分に切ってほぐす。
 青梗菜は長さ3センチ程度に切る。軸の部分は更に幅1センチ程度に縦に切る。
 (3×1センチ)
 鍋に湯を沸かし、えのき、青梗菜をさっと茹でてざるに取る。 
 粗熱が取れたらしっかりと絞る。

③ボウルに1、2、ツナ缶(汁や油は捨てる)、全ての調味料を入れてよく混ぜる。

シェア

いいね

コンテンツへの感想