タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

宮崎県都農町のふるさと納税が除外の衝撃!2022年1月17日までがラストチャンス

まつのすけ

The Goal管理人

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

宮崎県都農町が2022年1月18日から2年間、ふるさと納税制度の対象から除外されます。総務省が発表しました。

返礼品の牛肉の調達費が「寄付額の30%以下」というルールを超えており、60~85%に達していたことが原因です。

ふるさと納税による寄付金控除からBANされた自治体は、2020年7月の高知県奈半利町以来約1年半ぶりとなり、宮崎県都農町は2年間対象外となります。

都農町の2020年度の寄付額は全国5位の82億6800万円となっており、牛肉・鰻など幅広い返礼品が人気を博しています。

都農町は2021年8月に、寄付額1万円のふるさと納税に対して、宮崎牛の赤身肉切り落とし計1.5kg以上を返礼品として提供しました。

しかし、人気を集めて寄付が集中するようになったことから、当初の受託業者が対応できなくなり、都農町は別の業者に委託。

この過程で当初よりコストのかかる部位が使われたり、ウイルスの落ち着きや年末に向け赤身肉の需要が高まりなどで、調達費が膨れて30%を超える結果になりました。

宮崎県都農町に寄付して返礼品を得たい場合は、2022年1月17日までが今年のラストチャンスとなります。

※参考:ふるさと納税のキャンペーン、返礼品+最大12%のAmazonギフト券

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。