おもしろ/ネタ

スキー場の急坂を駆けのぼろう「ゲレンデ逆走マラソン」

松澤茂信

観光会社「別視点」代表

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

「ゲレンデ逆走マラソン」とは福島県猪苗代町でおこなわれている、ちょっと変わったマラソン大会だ。
夏場のスキー場のゲレンデを、ひたすら逆走しつづけるというマラソン。
つまり、ひたすら坂道だけのハードな競技だが、大会自体はとても和気あいあいとしたなごやかムード。
マラソンビギナーでも気軽に楽しく参加できる。
「登りきるまで振り向くな!」が大会キャッチコピーだ。

あまりにハードな急斜面に開始5分もすると半分ぐらいの参加者が歩きはじめていて、ぜーぜーと肩を揺らすその光景は山登りのよう。
途中の給水ポイントにはバナナやお漬物も用意されて至れり尽くせり。
下り坂はタイムを稼ぐポイントなのだが、バランスをうまくとらなければ転げ落ちそうで、ブレーキをかけつつのダッシュとなり、それはそれで体力が削られる。
トップ陣営たちはたとえ急な下り坂でも躊躇なく、猛ダッシュで駆け下りていた。
体力ばかりでなく、勇気も問われるゲレンデ逆走マラソンは、2019年度も開催している。
9/14(土)「ばんだい×2 スキー場」、10/12(土)「猪苗代スキー場」の大会はまだエントリー可能だ。

…続きを読む

関連タグ