おもしろ/ネタ

あふれる手書き看板!群馬の山中にある「ハンドメイド集会所」が濃密すぎた

松澤茂信

観光会社「別視点」代表

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

群馬県甘楽町の山あいの道中に、姿をあらわすカラフルな空間。
「走れ!ジジイー」「サロン・シルバー!」
意味こそよく分からないものの、なにか底知れぬ勢いを感じる手書きの看板が
そこかしこに掲げられている。赤い看板、黄色い看板、派手な色味でやたらと目立つ。

ずいぶん怪しげな外観ではあるものの、入口周辺には
「ヘイ!家紋!」「カモン、かもん!」
とダジャレが書かれた看板もある。
どうやらウェルカムらしい。

手書き看板だけではない。
・ドラム缶で作られたSL機関車
・規則正しく並んだ家電の行列
・ヘルメットが山ほど積まれたコーナー
・珍しい竹が植えられた竹藪ゾーン
など一種のテーマパークのようだ。

じつはこの場所、ご主人の中條さんが地元の集会所を1人で自作したのだとか。
集会場の内部は、20人は余裕で入れる広々とした空間。
ソファーやカウンターもあって、ウイスキーに日本酒に幅広いお酒をラインナップしている。
たびたびみんなで集まって宴会がくり広げられているんだとか。こりゃあ、かなり居心地がいいぞ。
お花見の季節には「スーパーウルトラダイナミック大花見大会」が開かれる。なんだかとってもアゲアゲだ。

広場に並べられてる家電や人形は、知り合いが持ってきてくれたもの。
手作りオブジェたちの独特なデザインに「なにか意味はあるんですか?」とたずねてみるも「意味はまったくない!」とのこと。完全に趣味ではじめて、いまなおパワーアップ中だとか。

壇蜜ファンのご主人。
集会場の片隅には「壇蜜ハウス」と名付けた2畳ほどの狭いスペースもある。
四方の壁はすべて壇蜜のポスターで埋め尽くされている。
用意されたイスで座れば、壇蜜に囲まれた空間で静かな時を過ごせるぞ。

この場所は「まだまだパワーアップ中だよ!」とのことなので、目が離せない。

【中條さんの集会所】
<住所>群馬県甘楽郡甘楽町秋畑あたりの県道46号線沿い

…続きを読む