おもしろ/ネタ

混ぜハーブごはん「カオヤム」ってなんなんだ?

松澤茂信

観光会社「別視点」代表

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

「カオヤム」という料理をご存じでしょうか。
タイ料理の一種なのだが、初耳のかたも多いことだろう。
タイ料理のなかでも、とくに南部地方でよく出される郷土料理。
首都バンコクでも提供しているお店がそれほど多くないので
食べたことがある人となれば、なおのこと少数派だとおもわれる。

カオはタイ語でごはん、ヤムは混ぜるを意味する。
簡単に説明するならカオヤムとは「混ぜハーブごはん」のこと。
野菜、ハーブ、フルーツ、ごはんをプレートに乗せて、混ぜて食べる。
色とりどりの食材を使うので、なんとも見栄えのする鮮やかな料理だが
見た目だけでなく、味のほうもしっかりうまい。

タイ南部でよく使われる調味料ナムブードゥーが味付けのポイント。
魚を発酵して作る魚醤の一種。ナンプラーとちがって魚肉もそのまま利用する。
細かく切られたレモングラスやこぶみかんの葉っぱ、マンゴーのさわやかな味わいと、魚のうまみが凝縮された独特な匂いのナムブードゥーが混ぜり合って1つになる。

いままで味わったことのないタイプの美味しさ。
まろやかでいて、さっぱり。クセがあるのに、さわやか。
一見相反するような性質が、不思議とプレートの上で1つに混ざりあっている。
食材はすべて細かく切られているので、シャキシャキとした噛みごたえも気持ちいい。

まだそれほど多くはないが、日本にもカオヤムが食べられるタイ料理屋がいくつか存在している。
ぜひ「カオヤム」で検索して、この不思議な美味しさを味わってみてほしい。

…続きを読む

関連タグ