おもしろ/ネタ

両国に「ねずみ小僧のお墓を削れる寺」がある!?

松澤茂信

観光会社「別視点」代表

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

両国の回向院。
1657年に開かれた歴史ある寺院で、国技の国技である相撲も回向院境内で実施されていた。
そんな歴史から、歴代相撲年寄の慰霊のため「力塚の碑」も建立され、新弟子たちが祈願しにやってくる。

そんな回向院には、力塚以外にも名所がある。
「ねずみ小僧」のお墓だ。
ねずみ小僧は生涯で100回以上大名屋敷に侵入したと言われる江戸時代の泥棒。
盗んだお金を貧しい庶民に配りあるいたという伝説もあり
いまなお天下の大泥棒として語り継がれている。

回向院のねずみ小僧の墓には、前立てという身代わりの石が置かれていて
削って持ちかえることが出来るのだ。
こすり取るための石も置かれている。
肌身はなさず削った破片を持ち歩いていれば、100回以上侵入しても捕まらなかった
ねずみ小僧の強運にあやかれるという代物だ。

【回向院】
住所:東京都墨田区両国 2-8-10
アクセス:両国駅から徒歩3分

…続きを読む

関連タグ


おもしろ/ネタの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る