おもしろ/ネタ

浅草地下街に「昆虫食の自動販売機」があるよ

松澤茂信

観光会社「別視点」代表

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

1955年に営業を開始した、現存する日本最古の地下商店街・浅草地下街。
明るい・あたたかい・ともだち感覚の3拍子がキャッチフレーズだ。
お好みにあわせてカレーのルーもかけられる焼きそば専門店
髪の長い女性と小学校4年生以下は受付不可の800円激安床屋
電気の力を指にたくわえ指圧するマッサージ屋さんなどなど、個性豊かなお店が立ち並ぶ地下商店街。

そんな濃密空間に新たな仲間が加わった。
そう、昆虫食自販機だ。昆虫食が自販機で買える時代がいよいよ到来した。
コオロギやバッタをすりつぶした粉末を、チョコに混ぜた初心者向けの昆虫食もあれば、そのままの形をしたタガメやミールワーム、タランチュラやサソリなどハードモードな昆虫食まで幅広いラインナップ。

どうやら昆虫食の自販機は全国でじわじわ増えているらしい。
浅草をはじめ、上野、高田馬場といった東京都内だけでなく、大船や熊本県にもあるんだとか。
国連食糧農業機関が食糧問題を救う解決策の一つとして推奨しているだけあって、じょじょに生活になじんできている。

バッタ(1300円)とサソリ(1500円)を購入。
バッタ。袋から皿に出すと、かなり多くの個体が入っている。からっと揚がったバッタは、カリカリしてて桜エビのような香ばしい風味。食べ慣れると普通においしい。

サソリは親指大が2匹。中身もそれほどなく、ほとんど味がしない。
見た目のインパクト一発だ。味も良く、見た目のインパクトも楽しみたいなら、まずはバッタをお勧めしたい。

アクセス:浅草駅から徒歩1分
住所:東京都台東区浅草1丁目1−1

…続きを読む

関連タグ