おもしろ/ネタ

【忍者の武器マキビシの材料】台湾夜市で「ヒシの実」を食べてみた

松澤茂信

観光会社「別視点」代表

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

台湾の寧夏夜市で「ヒシの実」を食べてみた。
ヒシは沼や湖で育つ植物。真っ黒の皮に包まれて、とげとげしい怪しさ。皮をむくと実が出てくる。木の実やどんぐりのような素朴な見た目。ビジュアルは帽子をかぶったピエロや、ダリのチョビヒゲのような形をしている。

このヒシのトゲトゲを活かして、乾燥させた菱を忍者は武器(マキビシ)にしていたよ。
かつて武器だったものを食べれるなんて、なかなか出来ない体験だ。

ヒシの実は、台湾夜市でもそんなに見かけないレアな食材。
蒸しあがったヒシからは暖かい湯気が上がっている。ホカホカ。
塩を振ってもらって食べてみると、味も食感も栗に近い。
でも、栗よりはちょっと淡泊な味かな……。
優しい甘みとほくほくとした食感を楽しめる。

もし台湾の夜市でヒシの実を見かけたときはラッキー!
記念に食べてみて。

…続きを読む

関連タグ