おもしろ/ネタ

  • いいね

【意外と違う】コンビニ各社のサラダチキンを7種類食べ比べてみた

松澤茂信

観光会社「別視点」代表

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

ダイエットや筋トレ、ボディメイクをして、食事の栄養素に注目しだすと
とたんに身に染みて分かるタンパク質の重要さ。
充分なタンパク質って、食事だけではなかなか摂取が難しいんですよね。

そんなタンパク質を手軽に採れるのがコンビニのサラダチキンだ。
シンプルな食品なだけに、味に差がつくのか気になるところ。
ローソン、セブンイレブン、ファミリーマート、ミニストップ、デイリーヤマザキの大手5社のコンビニチキンを食べ比べてみた。比較しやすいように、買い集めたのはプレーン味。

食べ比べてみると意外にもけっこう違いがある。
もっとも大きな違いは肉の食感。
繊維がギュッと締まって、肉としての歯ごたえがもっとも強かったのはデイリーヤマザキだった。
味のほうも最も”肉”というワイルドな味わいだ。
一番柔らかかったのはローソン。ホロホロとした食感で、これはこれで食べやすい。
ほか3社のサラダチキンの食感は、その中間に位置している。
いっせいに食べ比べて自分好みの一品を見つけたら、ボディーメイクもはかどりそうだ。

関連タグ

シェア

いいね

コンテンツへの感想