モノ/ガジェット

東京モーターショーで大注目のバイク!復活の250cc 4気筒モデル!|Ninja ZX-25R

MattRiderJapan

モトブロガー・ビデオグラファー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

東京モーターショー2019のオートバイジャンルで注目度が高かったKawasaki Ninja ZX-25R。
早速実車を現地でチェックしてきました!!

【何が話題なの?】
なんと言っても「250ccクラスの4気筒バイク!!」という事で今回注目の的になっています。
近年は厳しい排ガス・騒音規制やコスト面での関係で250ccクラスの4気筒バイクのラインナップは各メーカーどこも無い状況で、「250cc4気筒モデルの生産はもう不可能」とまで言われることもありました。
そんなご時世の中、発表されたのがKawasaki Ninja ZX-25R。
カワサキが250ccクラスの4気筒スポーツモデルを開発しているという噂は2輪業界で少し前から騒がれていましたが、今回のモーターショーに合わせて参考出展という形でお披露目されました!

【凄いのは4気筒だけじゃない!豪華な装備】
250ccの4気筒エンジン!というだけでも十分凄いのですが…
ZX-25Rの装備面を見るとまた驚きを隠せません!!

展示されていたスペック表のみの情報しかまだありませんが、
「トラクションコントロール」や「クイックシフター」、「パワーモード」などの電子制御が採用されています。
大型バイクに近年ようやく標準装備されてきた装備がなんと250ccにも装備される…!メーカーの心意気を感じます!!

【注目の最大馬力は45馬力超!?】
ZX-25Rの水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ249ccエンジンが作り出すピークパワーは45馬力を超えるという情報もあります!
これは公式発表はまだですので、あくまで噂されている情報ですが各社現行の250ccクラスのバイクが35馬力前後という事を考えると、本気の1台を作り出して来た!と今の段階でワクワクします!

【最後に】
超高回転マルチクウォーターが奏でるエンジンサウンドは僕自身も大好きなサウンドなので、とりああえず早く聞ける機会がくるといいなとソワソワしています。笑
国内販売時期はまだまだ先ですが、詳細スペックなど情報がアップデートされるのを首を長くして待ちたいと思います!

…続きを読む