モノ/ガジェット

アンダーボーンバイクは速い!軽い!乗りやすい!東南アジアの足として愛されているのが納得だった|ヤマハ

MattRiderJapan

モトブロガー・ビデオグラファー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

今回は今年からマレーシアで行われるセパン8耐に観戦しに来たのですが、現地で移動の足としてお借りしたバイクが面白かったので紹介します!

【スーパーカブの進化系!?アンダーボーンバイク】
「アンダーボーン型フレームモーターサイクル」と呼ばれるタイプのこのバイクはメインフレームが車体の下を通っていることから、”アンダーボーン”と呼ば
れており、主にスクーター等に使用されているフレームの形状のバイクの事を指すそうです。東南アジア諸国ではまだまだバイクは生活の必需品になっていますが、その中でも若い人を中心にファッションのアピールとしても人気が高い車種の1つがアンダーボーンタイプのバイクです。

【名前がいろいろ!?ヤマハのY15ZR】
今回マレーシアでお借りしたのはヤマハのY15ZRという4ストローク単気筒の150CCのバイクです。このバイクは販売されている国によって名前が「Exciter150(タイ)、Jupiter150(インドネシア)」などと異なる所も興味深い点です。ギアは5速のMTで120Kg以下の車両はとても軽快で扱いやすく、スポーティーな見た目から東南アジア諸国でも人気の車両の1つです。

【見た目はスクーターだが…こいつ…速いぞ!?】
見た目はスクーターのような形をしていますが、このバイク150ccなのに速いんです。実際に現地の90km制限道路を余裕で周りの流れをリードすることができました。それもそのはず、東南アジア諸国のレースでは日本でもお馴染みの排気量のクラスに加えて、このアンダーボーンバイクで行う「アンダーボーンクラス」でのレースも行われているそうです!普通にレース車両として現地で活躍してしまうほどのポテンシャルを秘めています!

【日本ではなかなか見かけないが面白い1台】
日本ではなかなか見かけることは、ありませんが逆輸入で入って来ていることもあります。軽さ、利便性、速さ、扱いやすさ・・・気軽に乗ることができて、ちょっと面白いこのバイクは東南アジアで選ばれている理由が納得の一台でした!日本で乗っても人とまず被ることがないので面白いバイクだと思います!!

・車両情報
ヤマハ Y15ZR(マレーシア)、エキサイター150(タイなど)

※撮影地はマレーシアの公道です。

…続きを読む

モノ/ガジェットの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る