モノ/ガジェット

ヤマハのMT-10はカッコいい見た目だけでなく、扱いやすくて乗りやすい!ワクワクするバイクだ!

MattRiderJapan

モトブロガー・ビデオグラファー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

今回はヤマハのMT-10に試乗する機会があったのでご紹介します!

【YAMAHA MT-10概要】
MTシリーズの頂点となるモデルを造る。「MT-10」の開発は、そんな当たり前で、しかしとても難しい目標を掲げてスタートしました。
ヤマハ・スポーツモデルの血統を受け継ぐ“Rシリーズ”の最高峰として、2015年に欧州をはじめ世界の二輪市場に投入した「YZF-R1」のプラットフォームを使うこと。MTシリーズの根幹とも言えるエンジンの設計思想“クロスプレーン”コンセプトのなかでも最大排気量を有するエンジンを持つこと。さまざまな角度から開発の条件を挙げてみても「MT-10」が、MTシリーズの頂点であることは明白でした。だからこそ我々開発陣は「MT」という存在を、徹底的に考え抜きました。

※公式WEBより

【ヤマハのフラグシップモデルのYZF-R1のエンジン!】
ヤマハのMT-10は同じ、ヤマハのスーパースポーツバイクである「YZF-R1」とほぼ同じエンジンです。(MT-10用に調整されている)今ではすっかりヤマハの代名詞でもある「クロスプレーンエンジン」を搭載していて現行で人気のMTシリーズでも最大排気量のスポーツバイクです。僕自身もこの「クロスプレーンエンジン」が奏でるエンジン音が大好きでバイクに乗っていると、ついつい回したくなってしまうワクワクするエンジンが魅力です!

【見た目以上に扱いやすい!】
見た目はメカメカしい筋肉質なデザインもまたカッコいいんですが、なんかゴツくて扱いにくそう…と思いきや!?見た目以上に扱いやすいバイクでした!特にワインディングを走る際のコーナリングが軽快で「本当にリッタークラスのバイクなのか!?」という印象を得たのは、さすがの「コーナリングのヤマハ」と昔から言われているだけはあるのかなと実感。次から次へとくるコーナリングが本当に楽しい。エンジンのフィーリングもノーマル状態で乗ると鋭すぎず、遅すぎず。都心の渋滞ノロノロ運転も苦がなく運転できましたので幅広い場面で扱いやすい印象を受けました。

【ツーリング装備も充実】
3段階で調整可能なトラクションコントロールとライディングモード。高速道路で威力を発揮するクルーズコントロール機能。そしてアップ側に対応したクイックシフターなどツーリングをより快適にしてくれる電子制御や装備面も充実している所が嬉しいポイントです。個人的にはクルーズコントロール機能があると長距離ツーリングもするライダーとしては凄く魅力的です。

【幅広い年齢層が楽しめるが…大型デビューを考えている人こそ!?】
リッタークラスのモンスターマシンで見た目もゴツそう・・・との印象を受けそうですが、見た目以上に扱いやすくて、ワクワクするバイクだったので大型デビューを考えている人にもぜひオススメできるバイクなんじゃないかな〜?という印象を受けました。上位モデルもあるのでぜひ機会があったら試乗してみたいですね!

車両情報:YAMAHA MT-10
https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/mt-10/
※外部公式サイトに移動します。

…続きを読む

モノ/ガジェットの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る