モノ/ガジェット

ヤマハのツーリングセローは日頃のツーリングをちょっとした冒険にしてくれる・・・長年愛されたバイクだ!

MattRiderJapan

モトブロガー・ビデオグラファー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

今回はヤマハの名車「セロー」が生産終了となり、最後に生産された「ファイナルエディション」の
ツーリングに特化したモデル「ツーリングセロー」に試乗させて頂きました!

【約35年もの間広い世代に愛される名車】
セローは排気量が225cc時代と250cc時代、合わせて約35年もの歴史を持つロングセラーモデルです。日本にマウンテントレールという新しい文化を持ち込み、その軽さや扱いやすさからオフロードや街乗りなど、バイク初心者向が初めて乗るモデルとしても愛されています。

前回は先代モデルの試乗でしたが、今回はツーリングに特化したパーツが標準装備された「ファイナルエディション」の「ツーリングセロー」に試乗させて頂きました。

【ツーリングセローには旅に役立つ装備が!】
ツーリングセローにはロングツーリングに役立つ装備が満載です。走行中の風を防ぐ「アドベンチャースクリーン」・寒さや風などから手を守る「ハンドルガード」・リアの積載性能をUPする大型の「アドベンチャーリアキャリア」・ オフロードでの飛び石などからバイクを守る「アルミアンダーガード」など旅に欠かせない装備が標準で装備されているモデルになります。

【改めて感じるセローの乗りやすさ】
830mmのシート高とオフロードのバイクとしては小柄な僕が乗っても乗りやすいシート高に加え、乗車するとさらにサスペンション沈み込んでくれるので安心の足つき性能です。
また車体も130キロを超えるぐらいとオフロードバイクらしい軽さを誇るので、普段の取り回しなどのしやすさなど女性でも扱える乗りやすさも相まって広い世代に愛されてきたロングセラーモデルだと感じました。

やはりロングツーリングの際には悪路にも遭遇するので狭い道が多い日本ではツーリングセローのようなバイクで旅をすると本当に旅を楽しめて、普段では躊躇するような道などちょっと冒険にでかけようかな?という気持ちにさせてくれるバイクです。

生産終了ということで現在ある新車の在庫で終わってしまうモデルとなりますが、気になっている方々は旅の相棒として間違いのない1台です!

■車両情報
YAMAHA TOURING SEROW(FINAL EDITION)
https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/serow/touring/
※外部サイトにリンクします。

■車両協力
YSP横浜戸塚

■BGM
Nash Music Library

…続きを読む