モノ/ガジェット

  • いいね

ハーレー初のアドベンチャーバイクは自動で足つきを改善!?最新装備満載の旅するバイク!

MattRiderJapan

モトブロガー・ビデオグラファー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

アメリカンクルーザーでおなじみの「ハーレーダビッドソン」。今回はまさかのアドベンチャーバイクをリリース!ということで話題になっている「パンアメリカ1250」のメディア試乗会に行ってきました。

【ハーレー初のアドベンチャーバイク】
初のアドベンチャーバイクということで若干心配していたのですが、装備では豪華最新装備が満載、クルーズコントロールなどの長距離ツーリングで欠かせない機能もしっかり装備されていました。

いざ、試乗してみると今までのハーレーの印象が一変。振動も少なく高回転までスムーズに回るエンジンで長距離移動も楽に移動できそうな印象を得ました。

【自動で足つきが改善!?】
上位グレードの「スペシャル」には今回目玉の新装備「アダプティブライドハイト」機能が搭載。これは電子サスペンションによる制御機能で車両の電源をONにすると停車時に自動で車高を低くしてくれるもの。
ノーマルでは890mm相当のシート高で165cmの僕では片足で足つきがツンツン状態ですが、電源を入れると・・・なんと片足がベタ足状態になります!

これは足つきでこのクラスのアドベンチャーバイクを諦めていた方も多いと思いますので感動ものの装備でした!

新しいジャンルに飛び込んできたハーレーのパンアメリカ1250。このバイクはまた新たな旋風を巻き起こす、そんな予感のするモデルでした!

■車両情報
Harley-Davidson Pan America 1250 Special
https://www.harley-davidson.com/jp/ja/motorcycles/pan-america-1250-special.html
※外部サイトにリンクします。
※リンク先は上位グレードの「スペシャル」です。

■撮影協力
ハーレーダビッドソン ジャパン

■BGM
Nash Music Library

シェア

いいね

コンテンツへの感想