タイトル画像

【豊中市】本場インド、ネパール、ドバイで修行したシェフが作る持ち帰りカレー「ティフィン」

McCulloch清美

地域ニュースサイト号外NETライター(豊中市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

2021年8月1日、阪急宝塚線「豊中駅」直結の「エトレ豊中」1階に、お持ち帰りカレー専門店「Tiffin」がオープンしました!

チラシを見るだけで、「美味しそう!」「全種類食べてみたい!」と思わせる「Tiffin」のカレーは、シェフ全員が本場「インド」「ネパール」「ドバイ」などで修行を積んできたと言う本格的な味。

「Tiffin」は、「堺市」「和泉市」「河内長野市」にインド料理レストランを展開する「ダンニャワード」の初めての「お持ち帰りカレー専門店」。

たこ焼き・甘味の「京こま」の以前イートインスペースだったところが「Tiffin」となっています。辺りには食欲をそそるカレーのスパイスの香りが漂っています。お腹が空いている時は素通りできないかもしれません。

店舗外壁面に飾られたスパイスの数々。

カレーに代表されるインド料理にはたくさんのスパイスが使われています。美味しさを引き出すためだけではなく、スパイスの持つ作用で食欲を増進させたり、消化を助けたり、胃腸を強くするような成分が含まれています。

こちらがメニューです。10種類のカレー、辛さは3種類から選べます。

セットメニューやドリンクメニューも充実しています。

そして、デザートメニューまで。

「カレーもワッフルも注文を受けてから作ります。混雑時は少々お待ちいただきますが、出来立てをお渡ししますので、ご了承ください」とのこと。

オーナーさんに店名「Tiffin」の意味をうかがったところ、こちらのインドで使われているお弁当入れが「Tiffin」という名前なのだそうです。

調べてみたところ、「昼食」「軽食」の意味もあるようです。

迷った末に「チキンカレー」「キーマカレー」「やさいカレー」と「ターメリックライス」を買ってみました。渡された袋の中からカレーの良い匂い。早く食べたくて足早に帰宅しました。「美味しい!」日本のカレーとは違う本場の味、スパイスが効いてサラッとしていていくらでも食べられそうです。他の種類も試してみたくなる「Tiffin」のカレー、ぜひお試しください。

【店舗情報】 「Tiffin」 住所:豊中市玉井町1-1-1エトレ豊中1階                        営業時間:10:00〜21:00 電話:06-6846-7683

シェア

いいね

コンテンツへの感想