タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【豊中市】「豊中えびす祭り」9日、10日、11日の3日間。「服部天神宮」にて開催中です。

McCulloch清美

地域ニュースサイト号外NETライター(豊中市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

2022年1月9日、10日、11日で開催される「服部天神宮 豊中えびす祭り」の初日に行ってきました。

足の神様として知られる「服部天神宮」は、阪急宝塚線「服部天神駅」から徒歩約1分。

国道176号線沿いには「豊中えびす」の幟がたくさん立てられていて目を引きます。

阪急宝塚線「服部天神駅」から「服部天神宮」までの参道となる商店街にも幟が続いています。

「服部天神宮」の入り口には、「新型コロナウイルス感染対策」が掲げられています。

混雑緩和のため露店の出店はありません。

「豊中えびす祭り」は、毎年35万人もの人が参拝すると言われる商売繁盛を祈願するお祭りです。

開催期間中は、6時開門、23時閉門となります。

国内でも珍しい「足の神様」として知られる「服部天神宮」は、足を患う方、スポーツをしている方などがそれぞれの願いを胸に参拝する姿が見られます。

また、「お足の神」は「おあし=お金の神」につながるとし参拝される方も多く、誰もが一度は耳にしたことのある「商売繁盛で笹もってこい」の囃子は「えびす祭り」のもので、商売繁盛を願い福娘から福鈴と、縁起物の吉兆や福笹を授かります。

この「豊中えびす祭り」の期間限定で、金運が上がるよう一億円札を授かることができます。

境内には、「豊中えびす祭り」の「熊手」や「ザル」以外にも「足の神様」を参拝される方のために「野球」や「サッカー」のボールを形取ったお守りの授与所も設けられています。

こちら靴紐に通す形の「お守り」です。「服部天神宮」ならではのお守りですね。

「おみくじ」を引き、境内に結んできました。良い一年になりますように。

「お守り」も授与していただき、「えびす祭り」詣を終えました。

私が参拝したのは早朝でしたので、まだ参拝される方もまばらでしたが、時間帯によっては混雑が予想されます。ご参拝の折はマスクを着用して、他の方と間隔をあけてください。また、体調がすぐれない場合や発熱のある場合などはご参拝をお控えください。

【服部天神宮】
住所 : 豊中市服部元町一丁目2番17号
ホームページ
公式SNS

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想