タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【豊中市】とろり、つるり新食感。2022年4月15日にオープン「とろり天使のわらびもち豊中駅前店」

McCulloch清美

地域ニュースサイト号外NETライター(豊中市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

阪急宝塚線「豊中駅」より徒歩約2分。国道176号線に架かる歩道橋を渡り直ぐのところ。「都そば」の向かい側に話題の「とろり天使のわらびもち豊中駅前店」がオープンしました。

オープン日は2022年4月15日。

各メディアで人気の「わらびもち店」と紹介されている大阪発の「とろり天使のわらびもち」。

とろり天使のわらびもち 公式ホームページ」によりますと、「一度食べたら忘れられない!」と女性を中心に大人気となっている「わらびもち」は、10kgのわらびの根部分から70gしか採れない「本わらび粉」を使用、「きなこ」は温度や時間など焙煎にこだわり砂糖は不使用で作られているとのことです。

どんな食感なのか? 興味津々でお店を訪れてみました。開店祝いの花が並べられ華やかな中、「わらびもち」を買い求める人の列が出来ていました。待つ間にスタッフの方からメニューが手渡されます。

味のバリエーションは2種。「和三盆」と十勝産の小豆を練り込んだ「あずき」です。小箱540円(税込)、大箱1,080円(税込)。

和三盆の「生わらびもち」を購入しました。柔らかくて楊枝では食べられないとのことで、割り箸が添えられています。

一個のサイズが大きく、割り箸で掴んでもすぐに半分に割れて落ちてしまう驚きの柔らかさ、優しい甘さです。

カップの底にわらびもちを入れ、生クリームをトッピングしたストローで吸えるとろとろ食感と話題の「飲むわらびもち」は「ミルクティー」「黒蜜」「抹茶」の3種類、いずれも650円(税込)。どれも美味しそうで迷いましたが、「黒蜜」を買ってみました。カップの底に「わらびもち」が沈んでいます。上に乗っているクリームとよく混ぜてストローで吸ってみるとツルリと喉を通っていきます。なるほど! これは新食感です。

今までにない「とろとろ食感」の「わらびもち」試してみてはいかがでしょうか。手土産にも喜ばれそうですね。

【店舗情報】
とろり天使のわらびもち豊中本町店
住所 : 豊中市本町1-9-10
営業時間 : 10:00〜20:00
不定休
公式ホームページ

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想