タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【豊中市】千里地区の再開発に向けて、千里セルシー地下1階のパチンコ店「しんばし」が5月8日閉店。

McCulloch清美

地域ニュースサイト号外NETライター(豊中市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

千里中央地区の再開発計画により、2019年5月末に商業施設としての営業を終了していた「千里中央セルシー」。

その後も「千里中央セルシー」地下1階で営業を続け、セルシーと営業終了時期について協議中だったパチンコ店「しんばし」が2022年5月8日(日)で閉店します。(豊中市新千里東町1-5-2 セルシー地下1階「しんばし」)

「しんばし」店舗前に貼られた告知によりますと、「千里地区の再開発」の影響により急遽閉店が決定したようです。

セルシー開業以来50年の営業だったとのことで、ご利用になっていた方も多いのではないでしょうか。

2019年の営業停止後、特に動きのない「千里中央セルシー」でしたが、千里中央地区の再開発については豊中市より「千里中央地区活性化ビジョンに向けた取り組み」(2022年2月22日)が発表されています。

「千里阪急百貨店」「千里セルシー」に加えて、西側にある「ピーコックストア」や「千里中央第一立体駐車場」も再整備が計画されており、また道路に関しても広場の整備やバスターミナルの再編などが検討されているようです。

この度の「しんばし」閉店後、近いうちに再開発の詳細が発表されるのではないのでしょうか。生まれ変わっていく「千里中央エリア」。どのような街になるのでしょう。

千里中央地区 東町中央ゾーン再整備事業の検討概要

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想