タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【豊中市】24時間無人直売所「ふくちぁん餃子」でPayPayが使えるようになりました!

McCulloch清美

地域ニュースサイト号外NETライター(豊中市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

現在、豊中市内で3店舗を展開している「ふくちぁん餃子」でPayPayでの支払いができるようになり、益々便利になりました。

こちらは昨年(2021年)11月にオープンした冷凍餃子無人販売所「ふくちぁん餃子豊中店」。場所は阪急宝塚線「豊中駅」より徒歩約5分、本町のスクランブル交差点前です。

24時間いつでも美味しい冷凍餃子が購入できるとあって、人気の店舗となっています。商品の購入方法は店内に置かれた料金箱に現金を投入するスタイル。ひとつだけ難点を言えば、料金箱からはお釣りが出ないこと。ぴったりの金額を投入する必要があることです。

その「ふくちぁん餃子豊中店」の店舗前に「ペイペイ使えます。」の赤い幟が立てられました。

ソフトバンクとヤフーが設立した「PayPay株式会社」が運営する、スマートフォンを使って支払うサービス「PayPay」。対応している店舗でスマートフォンの「PayPayアプリ」で支払いができます。現金を使わないので、お財布を持つことなくスマートフォンひとつで外出できるなど、気軽に支払いができることで利用者は年々増加しています。

「PayPay」ならお財布の中を確認しなくても、いつでも簡単に商品を購入することができますね。

料金箱の上に「PayPay」の支払い方法とQRコードが貼り出されています。

豊中市本町1-13-32「ふくちぁん餃子 豊中店」

こちらは「豊中店」と同じく2021年11月にオープンした「ふくちぁん餃子 岡町商店街店」。場所は阪急宝塚線「岡町駅」より徒歩約2分。「岡町・桜塚商店街」のアーケード内。

こちらでも「ペイペイ使えます。」の幟が出されています。

豊中市中桜塚1-2-5「ふくちぁん餃子 岡町商店街店」

こちらは阪急宝塚線「庄内」駅前に今年(2022年)5月にオープンした「ふくちぁん餃子 豊中庄内店」。まだオープンして日が浅いものの、既に人気店となっているようです。「豊中庄内店」には店頭に「冷凍ラーメン」の自動販売機も設置されています。

こちらの店舗でももちろん「ペイペイ使えます。」の幟が見えますね。店内での買い物に「PayPay」が使えると一段と買い物しやすくなる方も多いのではないでしょうか。

豊中市庄内西町2丁目22−12「ふくちぁん餃子 豊中庄内店」

「ふくちぁん餃子」の商品ラインナップは、
「冷凍餃子」各種一袋36個入り1,000円
「醤油ダレ」1本100円(税込)、「味噌ダレ」1本200円
「保冷材」は「餃子」36個入り一袋購入で2個無料。3個目からはひとつ50円
「チャーシュー」ひとつ1,000円。
「豚まん」一袋(6個入り)1,000円。
「肉焼売」一パック(15個入り)1,000円。
「昔ながらの町中華チャーハン」「ふわふわ天津飯」「にんにくガーリックスタミナ丼」「甘辛ブタキムチ丼」などのご飯ものや「エビチリ」「豚の角煮」「甘酢あん肉団子」など、他にも多数の中華料理が各500円。
保冷袋一袋100円  (全て税込価格です)

ぴったりの現金がない時はあきらめていた買い物が、PayPay利用で可能になった方も多いのではないでしょうか。

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。