タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【石巻市】90歳のおばあと「追分温泉」へショートトリップ! 静かな峠にひっそりたたずむレトロな温泉宿

めかぶさん

地域ニュースサイト号外NETライター(石巻市・東松島市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

2022年3月に、90歳の誕生日を迎える祖母(以下・おばあ)と「追分温泉」へ行ってきました。「追分温泉」は、北上川河口から登米市に通じる県道64号線の峠の中腹にある温泉宿です。石巻市街から北上川を見ながらゆっくり運転し、細い山道を2km程上ると、静かな峠の中腹にポツンと一軒、宿が現れます。

まるで木造校舎を改装したような外観のお宿。日本昔話に出てきそうな、ノスタルジックな雰囲気が漂っています。

「峠の湯 追分温泉」の向かいの山の風景
「峠の湯 追分温泉」の向かいの山の風景

静かな時間が流れていました。

チェックインは15時から。16時に着くと電話でお伝えし、16時すぎに着きました。

入ってすぐ、ダルマストーブがあります。見ているだけでポカポカあったか気分。

趣のある下駄箱
趣のある下駄箱

下駄箱の上の、可愛いどんぐりで作られた工芸品が「Welcome」と迎えてくれました。

フロントでチェックインをしながら、すぐ隣にある売店が気になります。

売店には、宮城の特産品が沢山揃っていました。

お部屋へGO

お部屋はこじんまりしていて、小さなコタツがあり、ホッとする空間です。

コタツに入ってお茶を入れて、「来れて嬉しい。」と話すおばあに「よかったね。」と話して、17時半の夕食の時間までまったりした時間を過ごしました。

夕食は別部屋で

別部屋で、夕食の時間! 「追分温泉」の食事は美味しくて量も盛沢山と聞いていたので、とても楽しみにしていました。

お酒はフロント近くの飲み物販売コーナーで購入しました。「特別純米生酒ひゃっこい 一ノ蔵」♪♪ 宮城県大崎市にある酒蔵「一ノ蔵」のお酒です。スッキリとしていて、食中酒にぴったりのお酒でした。

「追分温泉」の宿泊コースは、値段によってお料理が変わります。平日は6600円(税込)~11000円(税込)まで。こちらは11000円(税込)のコースです。

画像の向かって左奥が鍋、右奥が釜めし、右手前がホタテのバター蒸し
画像の向かって左奥が鍋、右奥が釜めし、右手前がホタテのバター蒸し

着火! わくわく…。

こちらは天ぷら。野菜の天ぷらに、手前にあるのは鯨の天ぷらです。

こちらは旬のワカメの天ぷらです。

「え? これ一人前ですか?」と聞いてしまうくらい豪華なお造り

思わず、「え? これ一人前ですか?」と聞いてしまうくらい豪華なお造り。はい、一人前です! めかぶいくらあわびカニ生牡蠣♪ まるで竜宮城に来たみたい~♪ 

は、生姜のすりおろしと、少し醤油をかけて…石巻ならではですね。美味しかったです~。

生牡蠣の大きいこと! 味も濃くて、とても美味しかったです。

こちらは白魚。醤油を少し垂らし、チュルッと頂きました♪

グツグツ煮立ったに…

生ワカメを…

投入! 鮮やかな緑に変わり、シャキシャキ美味しいワカメのしゃぶしゃぶを堪能しました。

こちらはフキノトウ味噌ばっけ味噌とも言いますよね。春が来た! と実感する味です。

こちらはホタテのバター蒸し。しめじと一緒にパクリ! ジューシーで美味しかったです。

こちらはグラタン。そして、茶わん蒸しもありました…どれも最高に美味しいけれど、お腹いっぱい…(笑)! 胃袋あと二つ欲しい(笑)! 釜めしはおにぎりにして、持たせて頂きました。

食後のバナナアイスクリーム。これは別腹です♪ ごちそうさまでした!

一度部屋に戻り浴衣に着替え、温泉に入る準備をして、レッツゴー!

宿はどこを切り取っても、懐かしい気持ちになります。

部屋から大浴場までの廊下を歩くのも、とてもウキウキします。

左が男湯、右が女湯です。お湯は大きい湯(熱め)と小さい湯(普通)があり、小さい湯は、ボタンを押すとブクブクと泡が出ます。浴槽は、1997年に、全国的にも珍しい北限の榧木(樹齢約500年)で造られたそう。木のぬくもりを感じる湯に、心も体も力が抜けて癒されます。

「追分温泉」は、1948年、横山宗雄氏により開湯されたそうです。横山氏は戦後まもなくここ大峯金山に縁があり、鉱夫として居つき、閉山後、金山の鉱洞から湧き出る鉱水を沸かし、ランプの湯治場として地域の方を対象に旅館を開業し、現在の「追分温泉」となったそうです。

入浴時間

  • 宿泊…6:00~22:00
  • 日帰り休憩…10:00~15:00
  • 外来入浴…10:00~19:00(20:00閉館)
館内の各所に貼ってある貼り紙が可愛い
館内の各所に貼ってある貼り紙が可愛い

こうして山の上のポツンと一軒宿「追分温泉」の夜は更けていきました…。

朝風呂・朝食・お土産編

パワーを感じる写真が撮れました(笑)!
パワーを感じる写真が撮れました(笑)!

宿泊した翌朝、外からは沢の水が流れる音、鳥の鳴き声が聞こえてきます。天気も良く、山あいから太陽が顔を出していました。朝風呂は6:00から。朝食の時間が8:00なので、早めに起きて入りました。窓の外から光が入ってくる浴場、お湯がキラキラと光っていて、とても気持ち良かったです。

「追分温泉」にはレトロなゲームコーナーもあります。

ワニワニパニックもありますよ! 懐かしさの宝庫です。

朝食会場にはテレビがあり、朝の連続テレビ小説「カムカムエブリバディ」が流れていました。宿泊された方々が、朝食を食べながら静かに観ていました。

それぞれのテーブルにおひつがあり、ご飯をよそいます。

「追分温泉」の朝食。なんて理想的な朝食なのでしょうか! 生玉子めかぶ梅干し、塩気のある焼き魚で、炊き立てご飯を美味しく頂きました。

「追分温泉」でダルマを探せ!

突然ですが、「追分温泉」でダルマを探せ! のコーナーです。こちら、貝で作られたダルマです。色合い、表情といい、デザインが素敵ですね。

こちらもダルマ。本物のダルマですね。千客万来、追分温泉と書いてあります。

チェックアウトの時間は10:00。荷物をまとめて、フロントへ。その後、売店でお土産を買いました。十三浜ワカメを購入しました。十三浜ワカメは水で戻す時、長く置いてもドロドロにならないんですよね! 肉厚でシャキシャキして美味しい十三浜ワカメは、「みやぎ水産の日アンテナショップ」でも購入出来ます。

「追分温泉 七福茶」も購入しました。大麦ほうじ茶玄米ハト麦柿の葉熊笹よもぎ等がブレンドされたお茶です。とても飲みやすく美味しいお茶です。

「またきてニャン」
「またきてニャン」

「追分温泉」には看板おばあがいます。そしてなんと私のおばあと石巻の女学校時代の同級生。90歳のおばあ同士、久しぶりの再会で話に花が咲き、握手して写真を撮る姿を見て、誰もがみな、こうやって笑顔で握手できたらいいなぁと思いました。素敵な時間を本当にありがとうございました。

石巻市街から、「追分温泉」までのショートトリップ。とても癒されました。宿泊以外に、日帰り入浴も出来ますよ。「追分温泉」の湯につかりに、看板おばあに会いに、峠までお出かけしてみてはいかがでしょうか。

「追分温泉」(外部サイト)

住所:石巻市北上町女川大峯1

電話:0225-67-3209

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想