タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

3,000円台で購入できるコスパ最強の電動歯ブラシ。Fairywill「FW-507」が良かった

緑川航平

暮らしのモノ・コトWebマガジン「harekarake」運営

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

3,000円で生活を変えるモノは何か?と問われれば、僕は電動歯ブラシを挙げたいと思います。

僕も2年ほど前に、友人の勧めで使い始めたのですが、一度使うともう手放すことができませんね。手で磨くよりも簡単で、圧倒的に汚れを落とすことができる画期的な代物です。

とはいえ、ネックになるのは価格でしょう。それなりものであればだいたい1~3万円ほどが相場も電動歯ブラシは、まだ使ったことない方にはなかなか手が出しづらいと感じる方も多いはず。

そこでオススメしたいのが、わずか3,000(高くても4,000円)ほど出せば購入できるコスパ最強の電動歯ブラシです。

コスパ最強。Fairywill 電動歯ブラシ「FW-507」

それがFairywill (フェアリーウィル)というメーカーの電動(音波)歯ブラシ。 

正直聞き馴染みの無いメーカー名でしょう。しかしながら、Amazonのレビュー評価は4000件以上あるにも関わらず、評価は4.2(5.0 中、2021年3月現在)の高評価。

2016年に中国で始まったばかりの振興メーカーながら、着実に電動歯ブラシ界でのシェアを伸ばしています。

替えブラシも付属しています

内容物は本体の他に、替え用ブラシと歯間用ブラシの3つのブラシが付属。こちらまで含められて、この価格ですからいかにコスパが高いのか、すでに伝わってきますね。

ブラックを貴重としたクールデザイン

電動歯ブラシは安価なモデルだと、なぜかほとんどホワイトな印象があるのですが、Fairywillはブラック/ホワイトの2色展開。僕はブラックを選んでみました。

素材はプラスチックですが、マットなコーティングのおかげでそれほど安っぽさはありません。ボタン周りのゴールドが良いアクセントになっていますね。

音波振動で汚れを除去

1分間に40,000回の振動で、歯の汚れを取り除いてくれます。

実際に使用してみると、手磨きに比べ磨いた後のツルツル感が格段にアップしている印象。まるで歯医者に行った帰りのようです。

これは手磨きだとなかなか難しいと思いますので、一度体感してほしいです。

5つのブラッシングモード/スマートタイマー機能を搭載

一応5つのモードがあります。起動時に電源ボタンをプッシュする回数でモードの切替が可能です。

ホワイトモード:普通の歯磨きではなかなか落ちずに歯についていたヤニ・黄ばみなどの汚れを除去します。
クリーンモード:歯の隙間の汚れまで清掃していきます。
センシティブモード:歯ぐきの出血や歯周病など歯と歯茎が敏感な方におすすめします。
ポリッシュモード:歯を磨きあげ光沢を与えます。
マッサージモード:歯面と歯肉を適度に刺激し、軽くマッサージしていきます。

また、30秒ごとに一時停止、120秒経過すると電源が切れるスマートタイマー機能も搭載。30秒磨いたら次の場所といった具合に目安を教えてくれるのはありがたいですね。

ただ、120秒だと若干短いかな?と感じるので、もう少し長くてもよいと個人的には感じます。

ブラシは交換可能

もちろん、ブラシの先端は取替可能。

ブラシ自体はフラットではなく、かなり山なりのカッティングになっているので、隙間に入り込みやすい仕様。やや好みは分かれそうですね。

替えブラシ単体でも販売しているので、適宜交換しながら使用可能。

USB充電式で持ち運びにも便利

また、本体はUSB経由で充電する仕様になっており、専用の大きな充電器いらないのも嬉しい点。旅先に持っていった際もモバイルバッテリーなどで充電が可能。

だいたい4時間ほどでフル充電し、30日は充電せずに使えます。

電動歯ブラシビギナーにオススメしたい

3,000円でここまでQOLを高めてくれるアイテムは、他にそれほど多くないはず。

電動歯ブラシをまだ使用した経験がない方はとりあえずこちらからスタートして、気に入ればもっと高価な大手ブランドのものにステップアップしていくのは現状のベストかなと思っています。

▽今回紹介したモバイルバッテリー

電動歯ブラシ 歯ブラシ ハブラシ Fairywill 音波歯ブラシ - Yahoo! ショッピング

▽こちらでも紹介しています

QOLを高めてくれるコスパ最強の電動歯ブラシ。Fairywill「FW-507」 - harekarake

Written by 緑川航平

1998年、神奈川県生まれ。
“手づくり感のある暮らし”をコンセプトにしたWebマガジン「harekarake(ハレカラケ)」を運営中。
晴れ(ハレ)の日から褻(ケ)の日まで、日々の暮らしを彩るステキなモノ・コトを丁寧に紹介しています。
服と音楽と深夜ラジオが好き。

Twitter:@k_mdrkw
Instagram:k_mdrkw

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。