タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

ノートPCをデスクトップ化。Anker「PowerExpand Elite」でリモートワークを快適に

緑川航平

暮らしのモノ・コトWebマガジン「harekarake」運営

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

新型ウイルスの流行により、かつてないほど進んだ業務のオンライン化。

こうした社会情勢に伴い、自宅デスクの環境をまるでオフィスさながらに整備されている、なんて話もよく耳にするようになりました。

今回は、そんな自宅オフィスの快適化に役立つガジェット「ドッキングステーション」をご紹介します。

Ankerのドッキングステーションに新作

これまで自宅で作業する際には、手元のMacBookにハブをつないで、そのハブに有線LAN、HDMIケーブル、充電ケーブルなど、その都度都度必要な端子をあちこちつなぎ替える必要がありました。

これはなんとも効率的ではないですよね……

そこで、改善方法を模索していた中で見つけたのが、20年冬に発売されたばかりの新作Anker「PowerExpand Elite 13-in-1 Thunderbolt 3 Dock」という製品。

これは、PCと周辺機器を繋ぐための基盤となる「ドッキングステーション」というジャンルのアイテムでして、簡単にいうならばUSBハブの上位互換と言えるでしょう。

PCとドッキングテーションをケーブルで繋げば、あらゆるセットアップが瞬時に完了する優れものなのです。

今回はこちらをレビューしていきます。

洗練されたアルミのボディ

アルミを基調とした筐体は、コンパクトながらもずっしりと重みを感じます。Apple製品との親和性の高いルックス。

排熱を意識してなのか、全面と背面はボコボコと溝のあるデザインとなっており、どことなく旅行の際に用いるキャリーケースっぽいですね。

底面には滑り止め用のラバーシート。縦置きするので必須ですね。

13のポートを一つに

前面には以下のポートを搭載。

  • PD対応USB-Cポート (10Gbps, 5V=3A / 9V=2A)
  • データ転送用USB-Cポート (10Gbps, 5V=0.9A) ※充電非推奨
  • USB-Aポート (5Gbps, 5V=1.5A)
  • SDカードスロット (SD 4.0 UHS-II)
  • microSDカードスロット (SD 4.0 UHS-II)
  • 3.5mmオーディオジャック

これだけが揃っていれば、快適に作業できるという非常に使い手を理解した配置になっています。個人的にSDカードスロット、オーディオジャックはよく使うので前面に配置されているのはありがたい。

SDカードスロットは、UHS-II規格に対応しているので、保存する際の速度(読み出し速度)がかなり速くなっており、大容量のデータもサクサク移行させることができます。

僕自身、高画素なカメラを使っているのでファイルサイズが大きいデータを扱うことが多いので、嬉しいポイントです。

背面はこんな感じ。

  • Thunderbolt 3 アップストリームポート (40Gbps, 最大出力85W, 5V=3A / 9V=3A / 15V=3A / 20V=4.25A) ※本製品とノートPCの接続用ポート
  • Thunderbolt 3 ポート (40Gbps, 最大出力15W, 5V=3A)
  • データ転送用USB-Aポート (5Gbps, 5V=0.9A) × 3 ※充電非推奨
  • HDMI 2.0ポート (4K 最大60Hz)
  • イーサネットポート (10/100/1000Mbps)
  • DC入力ポート (20V=9A)

PC本体と接続するためのThunderbolt 3ポートや、モニターと繋ぐHDMI ポートが配置されています。

4K60Hzまで対応しているので、現行で発売されているほとんどモニターで美しい映像を楽しむことが可能。

※M1チップ搭載のMacbook Air / Pro 2020 の2つのモニターへの同時接続には対応していません。

ケーブル一本でノートPCをラップトップ化

セッティングが完了したら、後はこちらをお手持ちのノートPCと接続するだけ。僕は愛用しているMacBook Pro 13インチを。これだけで、すぐに作業できる環境が整います。

持ち運びが可能なUSBハブとは異なり、セルフパワー式になっているので、複数の機器と繋いだ際の動作も非常に安定しています。有線LANやモニター出力が途中で途切れたりすることがありません。

リモートワークが進む今こそ使いたい

設置した後のデスク
設置した後のデスク

3万円を超える価格を考えると、万人が必要なのかと言われれば決してそうではないアイテム。とはいえ、やはり”ケーブル一本”ですぐに環境を構築できる便利さは代えがたいものがあります。

お手持ちのノートPCの基礎スペックがそこそこ高い場合であれば、もはやデスクトップPCのように運用できるように。

特に昨今は、本格的にリモートワークになった方も多いことでしょう。PCも買い替え、モニターも揃えたという方は、ぜひドッキングステーションも一緒に導入してみてはいかがでしょうか 。作業効率がきっとアップするはず。

▽こちらでより詳しく紹介しています

ケーブル一本ですべてを繋ぐ。Ankerのドッキングステーション「PowerExpand Elite」 - harekarake

▽今回紹介したアイテム

Anker PowerExpand Elite 13-in-1 Thunderbolt 3 Dock シルバー - Yahoo!ショッピング

Written by 緑川航平

1998年、神奈川県生まれ。
“手づくり感のある暮らし”をコンセプトにしたWebマガジン「harekarake(ハレカラケ)」を運営中。
晴れ(ハレ)の日から褻(ケ)の日まで、日々の暮らしを彩るステキなモノ・コトを丁寧に紹介しています。
服と音楽と深夜ラジオが好き。

Webマガジン:harekarake
Twitter:@k_mdrkw
Instagram:k_mdrkw

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。