タイトル画像

【足立区】区内2店舗目!下町で愛される、生餃子の無人直売所『餃子のチカラ』を見つけた

mihhy

元あだちっこライター(東京都足立区)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

各地で生餃子の無人販売所が次々とオープンしていますね。そんな中、東綾瀬公園の近くに「餃子のチカラ」を見つけました!
こちらの東綾瀬店2021年8月14日にオープンしたようです。足立区内には他に鹿浜にも無人直売所があり、東綾瀬店は区内2店舗目となります。
スーパーオザムの隣なので、買い物ついでに寄れるのも嬉しいですね。

「餃子のチカラ」は元々神田で生まれ、葛飾・立石で育てられたお店です。それが今では、無人直売所が葛飾、足立、小岩の下町地区にも広がって来ています。

どんな餃子が待っているのか楽しみです!

餃子のタレや自家製ソースも!

店内には大きな冷凍庫が置かれていました。
餃子は2パック入りで1000円(税込)なので、お値段も良心的ですね。

・東京餃子18個 x 2パック 1000円(税込)

・東京餃子18個/ニラ餃子14個 1000(税込)

上の2種類から選べるようです。
自分で冷凍庫から取り出しました。

小さな冷蔵庫の中には、餃子のタレも販売していました。

・チカラ餃子たれ 100円(税込)

・自家製 坦々ラー油ソース 200円(税込)

購入は料金箱へ!小銭の用意も忘れずに。

東京餃子18個/ニラ餃子14個 1000円(税込)
チカラ餃子たれ 100円(税込)

を購入します!

お釣りは出ません。
タレや自家製ソースを購入する場合は、小銭も必要なので、用意しておくことをおすすめします。
万が一、小銭がなくても大丈夫。
こんな時、すぐ隣にスーパーがあるのは便利です。
*スーパーオザムでは両替はしていないので、ご注意ください。(追記2021年11月16日)

袋や、保冷バック(100円)も用意されています。

「餃子のチカラ」のこだわりが、店内の目を引く場所に貼られていました。
安心・安全の餃子は、皆に愛され、お店が拡がっていく理由ですね。

餃子の焼き方を参考に、家で焼いてみました。

家庭でも焼きやすい、小ぶりの餃子です。
ニラ餃子は、スタミナ満点の味でした。
東京餃子とニラ餃子の、2種類の味が楽しめてお得感がありました。
水餃子でもモチモチ、ツルっと美味しいですよ!

何より、専門店の餃子のタレは家庭では出せない複雑な味で、ジューシーな餃子と抜群に合っていました。

餃子をつまんで家族会議をしませんか

「餃子のチカラ」のチラシより

誰もが好きな餃子が食卓にならぶと、自然と家族が集まりますよね。
手軽で美味しい餃子を、食卓で囲んでみてはいかがでしょうか?

【餃子のチカラ 東綾瀬店】(外部リンク)
住所:足立区東綾瀬1-26-7
営業時間:9:00~23:00
Instagramはこちらからどうぞ。(外部リンク)

シェア

いいね

コンテンツへの感想