タイトル画像

【川崎市新百合ヶ丘】除菌も!貸し出しも!!麻生図書館のセルフサービス機能が充実

みみ

ストーリー株式会社スタッフ(川崎市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

夏休み中は子どもの宿題や課題ために、いつもはあまり図書館を利用しないかたも行かれた方も多いのではないでしょうか。

新百合ヶ丘駅そばにある麻生図書館では「自動貸出機」と「除菌ボックス」が設置されています。

借りたい本を選んだら、まずは「自動貸出機」で貸出手続きをします。

自動貸出機の使い方
1. 「貸出カード」をかざしてバーコードを読み取らせてください。
  *カードの取り忘れにご注意ください
2. 本をよみとりようのだいにおいてください。
  一度に10冊まで読み取ること読み取りが可能です。今回借りる本以外は置かないでください
3. 借りる冊数を入力して「開始」を押してください。
4. 読み取り結果が表示されるので、内容を確認して「貸出」を押してください。操作はタッチパネルでできます。
5. 返却期間などが書かれたレシートが出てきて、貸出手続きは終了です。レシートの取り忘れにご注意ください

10冊一度にすると、たまにエラーになったりしますので、その時は冊数を減らすとスムーズに貸出登録ができました!!

貸出手続きが終わってから除菌ボックスを利用しました!

除菌ボックス
・処理に1分程度かかります
・お一人(1組)1回でのご利用をお願いします

との注意書きがあります。

重ならないように棚の中に本を入れます
重ならないように棚の中に本を入れます

つかいかた

1. 扉を開けて本を入れます。本は重ねて置かないでください 
2. 扉を閉じて、右上のスイッチを押します
3. 左上のガラス窓から青色の光が見えたらスタートします
4. 45秒間お待ちください。ガラス窓の光が消えたら終わりです
5. 本を取り出してください。

実際に使用しましたが、音もなく、除菌をされている実感はありませんでしたが、安心感は増しました!!

麻生区は、昭和音楽大学、映画大学や川崎市アートセンターがあるので、「しんゆり芸術のまち」とも言われています。それもあってか、川崎市内の他の図書館よりも、芸術分野の書籍が多くあるそうです。

貸出の際は是非、自動貸出機や除菌ボックスを試してみてくださいね!!

川崎市立図書館 麻生図書館
住所:川崎市麻生区万福寺1丁目5番2号 麻生市民館
ホームページ
開館時間:平日午前9時30分~午後7時、土曜日・日曜日、午前9時30分~午後5時、 国民の祝日 午前9時30分~午後5時
休館日:第3月曜日(施設点検日) ※祝休日にあたる場合は開館し、代わりに直後の平日を休館します。館内特別整理期間(蔵書点検など)、年末年始(12月29日~1月4日)
アクセス:小田急線新百合ヶ丘駅下車北口徒歩3分。麻生市民館は麻生図書館と合築の麻生文化センター内にあります

シェア

いいね

コンテンツへの感想