タイトル画像

【南城市】「福豆」素敵すぎるツリーハウスでいただく丁寧なヴィーガン料理

美里茉奈

Belle Phrase/ライター(南城市・豊見城市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

2021年1月13日に玉城 屋嘉部にオープンした「ベジタリアン食堂 福豆」。その名の通り、ベジタリアン/ヴィーガン対応レストランで、無農薬のお野菜や玄米を使ったヴィーガンご飯やスイーツをいただけるお店です。滋味たっぷりのご飯を、自然と緑がいっぱいの素敵なツリーハウスでいただいて癒されてきましたのでレポートします。

「ベジタリアン食堂 福豆」の素敵すぎるしつらえ!

屋嘉部にある「ベジタリアン食堂 福豆」。玉城旧庁舎もしくは玉城中学校方面から坂を上ると道すがら小さな看板が見えるので、辿っていくと入口があります。入る前から素敵な空間が約束されたエントランスです、

駐車場は、この写真の左側に4台ほど停められます。

階段を下ると、奥にあるのがこちらのツリーハウス。白い窓枠が可愛すぎる。おとぎ話の世界に入り込んだかのような建物で、その世界観にキュンキュンします。

アンティーク調のランプがさがる。ツリーハウスの中。窓の向こうに広がる緑がまるで絵のようです。見ての通り席は多くありませんので、予約してからいくのがおすすめです。

手間ひまかけたご飯で癒される

ご飯メニューは「今日のプレート」と「ハンバーガープレート」。いずれももちろんヴィーガンメニューです。

今日のプレートのメニューは日替わりです。ごはん+スープ+メインディッシュのほかに6品のおかずが入っているという手の込みよう。

※この日のメニュー

・ソイミートハンバーグ きのこトマトのクリームソース
・厚揚げときゅうりの手前みそ生春巻き
・レンコン、きくらげ、ししとうのレモングラス炒め
・白いんげんのソイヨーグルトサラダ
・冬瓜の八角煮
・オクラ、うりずんのココナッツ炒め煮
・大根のこうじ漬け
・紫玉ねぎと紫芋のポタージュスープ
・5分づきごはん

お野菜、玄米は、沖縄県産・九州産の無農薬のもの。調味料や油の原料についても無農薬もしくは有機栽培にこだわり、白砂糖や小麦粉を使わずに作り上げられたヘルシーなお料理たち。

見た目のバラエティや色どりもさることながら、まろやかなトマトクリームだったり、みそ味だったり、ココナッツ風味だったりと、和洋中の味の変化が楽しめるのが素晴らしい。

こちらは「厚揚げときゅうりの手前みそ生春巻き」。厚揚げを生春巻きにする発想は斬新です。お味噌とごまの風味でしっかりと味つけされ、厚揚げときゅうり、生春巻きのの食感と水分・油分が混ざり合って深みのある味わいに。

本日はランチをいただきましたが、Instagram(外部リンク)で見かける美味しそうなヴィーガンスイーツや、ドリンクも気になりました。

またレポートしたいと思います!

「ベジタリアン食堂 福豆」の店舗情報

住所:沖縄県南城市玉城屋嘉部37−2
電話:070-5810-7325
営業時間:11:00~16:00(L.O15:30)
定休日:日曜日・月曜日・火曜日
Facebook(外部リンク)
Instagram(外部リンク)
※おひとりで対応されているので、お出かけ前に予約推奨

この記事を作成したクリエイターが主宰する「ちゅらすき」(外部リンク)は、沖縄県の美味しいカフェ・レストランを実際に巡ってレビューするグルメブログです。写真をふんだんに使ってわかりやすく紹介しております。ぜひご覧ください。

シェア

いいね

コンテンツへの感想