タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね

5,000円以下で音がいいワイヤレスイヤホンを見つけました。完成度高すぎ。

三浦雄介

ライフスタイルブロガー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

今回は5,000円以下で音がいいワイヤレスイヤホンを紹介します。正直、完成度高すぎ…

完全ワイヤレスイヤホン「EarFun Air」

紹介するのは「EarFun Air」というワイヤレスイヤホン。カナル型(耳に入れ込むタイプ)で、左右独立したワイヤレスで、音がよくて、ワイヤレス充電にも対応。それなのに5,000円以下で買えちゃうイヤホンです。ただし、ノイズキャンセリングは付いていません。

結論から言うと、「カナル型の完全ワイヤレスイヤホン」を探していて「ノイズキャンセリングが必要ない」ような人にはすごくおすすめですよ、これ。

この記事は、メーカーさんより商品を無償で提供いただき、記事を執筆しています。記事の内容は全く指示を受けていないので、僕が使ってみた率直な感想を記載しています。

外観について

まずは外観から見ていきましょう。といっても、イヤホン本体がケースに入っているという、「よくある完全ワイヤレスイヤホン」という感じ。さらさらしたプラスチック製で、丸みを帯びた形状が印象的です。正面には充電状態を示すランプがあり、緑やオレンジに光ります。

上面は少し窪んでおり、薄くEarFunのロゴがプリントされています。

裏面も全てさらさらしたプラスチック製です。ヒンジの部分が金属になっているわけではありません。

底面には充電用のUSB Type-C端子があります。後述しますが、充電はこのUSB Type-Cとワイヤレス充電(Qi)に対応しています。

開けてみる

ケースの蓋を開けてみると、充電状況を示すランプが緑やオレンジに点灯します。写真では少し分かりにくいですが、個々のイヤホン側にもランプが搭載されており、こちらは青や赤に点灯します。なお、ケースは軽いマグネットで止まっており、開閉は楽です。

イヤホン本体

イヤホン本体は、ドライバの入った丸い部分と、そこから伸びた棒状の部分で構成されています。AirPodsと同じような形ですね。

外観上の特徴としては、外側は光沢のあるブラック、内側はマットなブラックで仕上げられています。内側のマットな感じはケースと同じ素材です。

外側の丸い部分は少し窪んでいて、タッチセンサーが仕込まれています。再生/一時停止の制御や、音量調整ができます。

マイクは左右それぞれ2個ずつ、計4個あります。また、充電用の端子は下部に備え付けられています。

ワイヤレス充電対応

特筆すべきは、ワイヤレス充電に対応していることです。一般的なQi規格に対応しているので、すでにワイヤレス充電器を持っている人ならそのまま使うことができ、かなり便利です。5,000円以下のイヤホンで対応しているのはすごいと思いました。

音質は低音重視

肝心な音質について、僕が感じたことを書いておきますね。低音域(ベースなど)、中音域(ボーカルなど)、高音域(シンバルなど)に分けて記載することとします。

まず、EarFun Airは低音域が少し強めに出るようにセッティングされているので、低音をドスンドスン鳴らしたい人にぴったりです。その音質も好印象で、ベース、ドラム、ビートの音が締まっており、メリハリをつけて鳴ってくれます。いいですねえ。

一方、低音域が強調されるようにセッティングされていることの代償として、中音域(ボーカルなど)は少し埋もれてしまいます。決して音質が悪いということではないですが、必ずしもバランスがいいとは言えないかなあ。

また、高音域の精細さは少なく、「音の粒が飛び跳ねるような感覚」はありません。ただしこれは、5,000円以下のイヤホンであること、ダイナミック型のドライバを積んでいることを考慮すると仕方のないことだと思います。

なお、これは個人差があると思いますが、僕が聴く範囲では「サ行の刺さり」が少し気になりました。ほんの少しです。音量を上げて集中して聴いていると気になるかなーという程度。

要するに、EarFun Airの音の傾向として、低音好きな人、締まった低音をドスンドスン鳴らしたい人にちょうどいいようなセッティングがなされています。その一方で、低〜高音域までバランスよく聴きたい人には向かないと思います。

また、価格帯を考えるといい音が鳴っています。これ以上の音を求めるのなら、もっとお金を積まないとだめだ。5,000円以下でこれだけ鳴ればお買い得だと思います。

まとめ:ハマるなら買い

5,000円以下のワイヤレスイヤホンでここまでの機能が搭載されているものはなかなか無いと思います。コストパフォーマンスはかなり高いです。

特徴をまとめると以下のような感じですが、この記事に書ききれなかった内容はブログに書いています。

  • IPX7の防水
  • 最大35時間再生
  • タッチセンサーでの操作
  • ワイヤレス充電対応
  • 自動装着検出機能
  • 片方ずつ使用できる

さらに詳細なレビューはブログ記事へ

ブログ記事では、AirPods Proとの比較、使ってみて分かったいい点、残念な点など、さらに詳細にレビューしています。もしよければ、こちらも覗いてみてくださいね。

EarFun Air|高コスパな完全ワイヤレスイヤホンをレビュー [PR] - starnote*(ブログ記事)

関連情報

EarFun Air 完全ワイヤレスイヤホン(公式サイト)
EarFun Air(Amazon.co.jp EarFun公式ショップ)

Author: Yusuke Miura, PhD
旅とガジェットとアカデミックな個人メディア〈starnote*〉を運営。1988年生まれのミレニアル世代です。薬学の博士号を持っており、仕事をしながら趣味でブログを書いています。
ブログ:starnote*
Twitter:@info_starnote

シェア

いいね

コンテンツへの感想