タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね

湖畔にアウトドアチェアを設置し、静かな朝を過ごすのが最高だった

三浦雄介

ライフスタイルブロガー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

車を買い替えて以来、自然豊かな場所に出かけることが増えたので、その場でのんびりできる椅子がほしいと思っていました。

スノーピークの2万円くらいの高いやつにするか、それとも少しお手頃なコールマンのものにするか、はたまたホームセンターで売っている激安品にするか。

「なんとなく欲しいけど急いで買うものではないな」と思って半年くらい買わない時間が続いていました。

そんなとき、先日ふらっと訪れた軽井沢のアウトレットでコールマンの「コンパクトフォールディングチェア」が安くなっているのを発見。ここで買わないとずるずると一生買わない気がしたので、購入してきたのでした。

霧がすごいけど、湖畔にカメラと椅子を設置

河口湖インターで中央道を降り、精進湖に向けて一般道を走っていると、青木ヶ原樹海あたりから霧が出てきました。この感じは精進湖にも深い霧がかかっているパターンかなと思って進むと、やはりそうでした。

昨年秋に訪れたときも同じような状況で、オレンジ色に光り輝く精進湖を見ることができました。今回もそうなるでしょうか。

関連:朝焼けドライブ|精進湖を目指して夜中に車を走らせる - starnote*(ブログ記事)

そんなことを思いながら、湖畔まで乗り入れた車の前に定点観測(タイムラプス)用のカメラを設置。その横にコールマンのコンパクトフォールディングチェアを置いて、準備は万端です。あとは日が昇るのを待つだけ。

深い霧は晴れず

残念ながら、日の出の時間を過ぎても深い霧は晴れることなく、オレンジ色の朝日にはお目にかかれませんでした。

しかし、湖畔でのんびりしていることには変わりはないので、写真を撮ったり、持ってきたお弁当を食べたり、iPadで作業したりなど、精進湖の朝を満喫しました。

のんびりできるいい椅子

コールマンの「コンパクトフォールディングチェア」を使えば、車からさっと出して、その場所をくつろげる空間に変えることができました。最高です。

これまで精進湖を訪れたときは車の座席に座って過ごしていましたが、外に置いた椅子に座るのは別のよさがありました。肌に当たる風、目の前で魚が撥ねる音、鳥たちが起きて活動を始める声、いろいろなものを五感で感じ取ることができるのです。

車の座席に座っているだけだと、このような感覚を味わうことはできませんでした。だから、そんなことを体験させてくれたコールマンの椅子は偉大です。定価6,000円弱で手に入りますが、その価値は十分にあると思います。

関連情報

コールマンCOLEMAN コンパクトフォールディングチェア(オリーブ)(PayPayモール)
※僕が購入したのはオリーブ色ですが、他にも色があります。

コールマンのアウトドアチェアを購入したので、精進湖で静かな朝を過ごしてきた - starnote*(ブログ記事)
※当日撮ってきた写真など、この記事の詳細版はブログへどうぞ。

Author: Yusuke Miura, PhD
旅とガジェットとアカデミックな個人メディア〈starnote*〉を運営。1988年生まれのミレニアル世代です。薬学の博士号を持っており、仕事をしながら趣味でブログを書いています。
ブログ:starnote*
Twitter:@info_starnote

シェア

いいね

コンテンツへの感想