三宅流

映画監督

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

1974年生。多摩美術大学卒業。在学中より身体性を追求した実験映画を制作、国内外の映画祭に参加。2005年からドキュメンタリー映画制作を開始。伝統芸能とそれが息づくコミュニティ、ダンスなどの身体表現におけるコミュニケーションと身体性について独自の視点で描き続けている。『究竟の地ー岩崎鬼剣舞の一年』は山形国際ドキュメンタリー映画祭などで上映され、『躍る旅人ー能楽師・津村禮次郎の肖像』は毎日映画コンクールにノミネートされる。新たなジャンルである医療系ドキュメンタリー『がんになる前に知っておくこと』が2019年に劇場公開予定。

関連タグ
関連リンク

作品一覧 1件