タイトル画像

【川崎市多摩区】登戸と向ケ丘遊園の真ん中で「新しい道路のこと」を体験してみよう!

みやもとまなぶ

noteブロガー/コワーキングスペースマニア(川崎市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

川崎市多摩区登戸駅周辺では、大規模な区画整理が進んでいます。

区画の中でも二つの駅を結ぶ道路の整備を進めている真っ最中です。

そんな中で行われた「道路の空間をどう利用したらいいだろう」という体験会に参加者として参加してきたのでご紹介します。

登戸2号線道路空間利活用体験会

この道路のお店に囲まれている道路の形状、歩道や側道の利用について皆さんからアンケートを取得されています。

登戸2号線道路空間利活用体験会【概要】
開催日時:2021.09.22(水)から26(日)まで
開催時間:10:00-16:00
アクセス:小田急線/JR南武線登戸駅から徒歩5分小田急線向ヶ丘遊園駅から徒歩5分
【詳細】都市計画道路登戸2号線沿道まちづくりについて(川崎市ホームページ)

「まちづくりコンセプトブック」川崎市ホームページよりダウンロードも可能
「まちづくりコンセプトブック」川崎市ホームページよりダウンロードも可能

新たに整備される、登戸駅と向ヶ丘遊園駅をつなぐ都市計画道路登戸2号線においては、沿道権利者とともに勉強会を開催し、令和3年4月に2号線の将来像を示す「まちづくりコンセプトブック」をとりまとめました。『多彩な人々を引き寄せ、人々が楽しみ、憩う通り』というコンセプトの実現に向け、勉強会では、道路空間の使い方として、歩道の一部を憩いや交流の場として活用し、通りとしての一体的な賑わいを創ることを検討しています。
 この度、さまざまな憩い空間を活用例として演出し、どのような道路構成、どのような使い方であれば魅力的なまちになるのか、地域の方やまちに訪れる方々に御意見をうかがうため、体験会を実施します。
【詳細】都市計画道路登戸2号線沿道まちづくりについて(川崎市ホームページ)より一部抜粋

実際の土地に2パターン(Aコース・Bコース)の道路と側道の例が設置されていて、道路の広さや側道にどんなものが置かれるといいかな?というのを実際に見て感じてもらうアンケートを実施しています。アンケートに答えるとミニグッズももらえます。

詳細は、現場におられる川崎市の方に説明を受けてみてください。

まさに建設中ラッシュの登戸区画整理エリア
まさに建設中ラッシュの登戸区画整理エリア

なにを体験できるの?

この外出自粛の続く中ではあるので広い野外でできるだけ密にならないものを楽しめます。うちの子を公園かわりにひろばを使ってもらいました。

黒板やハンモックでのんびり

本が置いてあり、絵本を読んでいる家族連れもいました。

キッチンカーやテーブルやいすもあり、開催日数「残り3日」もちょっとした飲み物や食べ物が提供されるようです。

追加情報

最近、登戸駅前がキッチンカーでにぎやかなんです!

川崎市+小田急電鉄で「登戸・遊園 ミライノバ」を展開しています。今週も登戸駅周辺でいろんなキッチンカーが出店中です。

最後に

担当の方と少しお話をしましたが、まずは「登戸区画整理事業で何が起きているか?知ってもらえればうれしい」とのこと。

川崎市の取り組みではありますが、小田急電鉄と連携したり、近隣でお住まいの方や地主の方、この地域で商売されている方などいろんな方の思いがあります。

まちがどんどん変わっていく中で、すべての意見が反映されるのは難しいことでも、自分の意見を少しでも聞いてもらえる取り組みがあるというのは素晴らしいことですね。

今後のまちの発展が楽しみになるエリアになってほしいと感じています。

この週末に皆さんのお出かけ候補の一つに加えてみてください。

登戸2号線道路空間利活用体験会
開催日時:2021.09.22(水)から26(日)まで
開催時間:10:00-16:00
アクセス:小田急線/JR南武線登戸駅から徒歩5分小田急線向ヶ丘遊園駅から徒歩5分
川崎市まちづくり局登戸区画整理事務所
連絡先:044(933)8512

シェア

いいね

コンテンツへの感想